只見線、2022年10月1日全線運転再開へ

2022.05.18

只見線復旧工事区間

JR東日本仙台支社は18日、只見線の全線運転再開日を2022年10月1日(土)と発表した。当日は記念列車を運行するほか、記念式典やイベントを沿線自治体と連携して開催する。

只見線は2011年7月の新潟・福島豪雨により甚大な被害を受けた。JR東日本と福島県は2017年に「只見線(会津川口~只見間)の鉄道復旧に関する基本合意書及び覚書」を締結。福島県が施設を保有、JR東日本が運行を担う上下分離方式での復旧が決まり、JR東日本は2018年より当該区間の復旧工事に着手した。

2022年5月現在、流失した「第5・第6・第7只見川橋りょう」は橋脚・桁架設・軌道工事が全て完了しており、2022年7月下旬から訓練運転を開始する見通し。全線運転再開後の会津川口~只見間は、1日3往復に(会津若松発 小出行3本、小出発 会津若松行3本)。

福島県と旅行会社4社の共同企画として、只見線と奥会津の四季折々の魅力を体感できる特別ツアーも予定されており、5月19日(木)に専用WEBサイトを開設し、順次ツアーの募集を行う。

次ページ【画像】第5・第6・第7只見川橋りょうの完成状況


LINEで送る

オススメ記事