大阪メトロ御堂筋線の「10系」が7月引退、きっぷやグッズの発売も 6/21からヘッドマーク車両を運行

2022.06.20

Osaka Metro御堂筋線を走る「10系」(10A系)が2022年7月に引退する。これに伴い、同社はあす21日から7月4日まで「10系引退記念ヘッドマーク」を掲出した車両を運行するほか、7月29日(金)より「10系引退記念1日乗車券セット」や記念グッズを発売する(※)。

10系引退記念ヘッドマークイメージ。御堂筋線の10A系1編成、30000系2編成に掲出する

※7月24日(日)には、発売開始に先立ち堺筋線北浜駅で特別販売会を行う。29日以降はOsaka Metro公式オンラインショップで販売。

<10系車両について>

大阪市営地下鉄時代の1973年、試作車「20系」4両1編成が谷町線に投入され、御堂筋線に転用。8両化ののち、1976年から「10系」として運行を開始した。

チョッパ制御方式を採用したことで、当時の主流であった抵抗制御車の課題である排熱軽減・省エネ化を実現した車両でもある。1998年からは各種機器の更新を含めたリニューアル改造が行われ、第17編成以降は後にVVVF制御に更新され形式名も「10A系」とされた。

近年では新型車両30000系の導入に伴い廃車が続き、2022年6月現在は残り1編成(1126編成)のみとなっている。

(画像:Osaka Metro)


LINEで送る

オススメ記事