京成グループホテル初の鉄道コンセプトルームが登場!千葉中央駅直結、トレインビューも楽しめる

2022.07.21

京成ホテルミラマーレは2022年9月6日に開業20周年を迎えます。これを記念し、京成グループホテルでは初となる鉄道コンセプトルームの宿泊プランが発売されることになりました。

題して「見える聞こえるトレインビュー!京成トレインルームプラン」――宿泊期間は2022年7月22日~2022年9月30日(金)チェックインまで、予約は7月19日から9月30日までとなっています。

客室にはスカイライナーをテーマにしたベッドのほか、実際に使用されていた駅看板や車両部品を設置。京成の一般車両・作業車両ポスターを掲出します。

そのほかにもトミーテック提供の最新型Nゲージ「TOMIX 京成電鉄 AE型(スカイライナー・第7編成)セット」、記念乗車券などを展示し、運転士研修用の京成線全線前面展望映像(BD)や、プラレールなどが入ったお子様向けおもちゃ箱も備えます。さらに、客室はトレインビューとなっており、京成や新京成の電車を窓から眺めることができます。

宿泊特典として先着10名限定でつり革がプレゼントされるほか、「keisei」銘板キーホルダーと京成電鉄ノベルティセットも。また2022年8月31日までの特典として、お子様用制服の貸出も行います。

予約申込は京成ホテルミラマーレ公式ホームページ、または宿泊予約サイト(OTA)にて受け付けます。

(写真:京成電鉄)


LINEで送る

オススメ記事