メタバース上で特急「はるか」に乗車、ゴジラも顔を出す「バーチャル大阪駅」VRイベントで8月登場

2022.08.03

JR西日本グループは株式会社HIKKYと連携し、メタバース上で行われる世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」(※)にて、「バーチャル大阪駅」を展開します。

※会期:2022年8月13日(土)~28日(日)の計16日間

バーチャル大阪駅とは、JR西日本グループが大阪駅をメタバース上に再現したもの。今後出てくる設備などをメタバース上で一足早く体験することができます。

<バーチャル大阪駅の特徴>
・券売機にタッチしてICOCAを取得、改札を通って乗車ホームへ移動できる
・ホームには2023年うめきた(大阪)駅で採用される世界初の「フルスクリーンホームドア」を設置
・人型重機ロボットと鉄道工事用車両を融合させた「多機能鉄道重機」が登場
・「ハローキティ」とコラボした関空特急はるか(281系)に乗車し、『空港エリア』を経て『パラリアルニューヨーク』のワールドへ移動できる
・大阪駅を象徴する大屋根で滑り台体験が可能、滑り台の先にはゴジラ!?
・屋根上からダイキン工業株式会社の「大ぴちょんくん」看板も見える
・アトリウム広場で4つのショップブースを展開、日本旅行社員によるアバター接客も
・待ち合わせの定番スポット「時空の広場」も再現

リアル大阪駅では8月22日(月)、吉本興業所属の人気お笑い芸人「アキナ」「見取り図」「ZAZY」によるお笑いライブを行い、バーチャル大阪駅上に再現した「時空の広場」と連動。公開ファンミーティングを行います。

ほかにもVTuberユニット「パラレルウォーカー」とのコラボカフェ出店や体験型イベントを行うほか、期間限定でVTuberグループ「有閑喫茶あにまーれ」「HoneyStrap(ハニーストラップ)」による公告ジャックなどのキャンペーン展開も予定しています。

「バーチャル大阪駅」の展開は、「JR西日本グループデジタル戦略の目指す未来」を具現化する取り組みの一環として行われるものです。

JR西日本グループは、メタバース上だからこそできる体験のみならず、デジタルとリアルの融合により生み出される新たな価値の提供を実現した多数のコンテンツを展開するとしています。

次ページ【画像】バーチャル大阪駅に現れるゴジラほか


LINEで送る

オススメ記事