鉄道チャンネル

蒲田に続く高架下モール「ウィングキッチン京急鶴見」7月開業

2017.04.24

神奈川初出店の和定食点やパスタカフェに、中華料理、居酒屋、コンビニ、美容室、ボルダリング……。一日過ごせる空間が京急鶴見駅高架下に誕生します。その名も「ウィングキッチン京急鶴見」。7月14日に開業します。

ウィングキッチン京急鶴見は、京急鶴見駅の耐震補強工事にあわせて営業を終了した「けいきゅうエキプラ鶴見」のリニューアルを受けて誕生。京急グループのコミュニティ型商業施設ブランド「ウィングキッチン」の2号店となる駅直結型商業施設です。

地上1階と2階のフロアに、美容室「Shampoo」、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」、リペアサービス「ミスターミニット」、ヘアカット専門店「QBハウス」、ATM「みずほ銀行」、スーパーマーケット「京急ストア」、ドラッグストア「マツモトキヨシ」、パスタカフェ「POTA PASTA CAFFE STATION」、和定食「炭火焼干物定食 しんぱち食堂」、ベーカリーカフェ「フレッシュベーカリー神戸屋」、ファーストフード「ケンタッキーフライドチキン」、ラーメン「せたが屋」、そば「おらが蕎麦」、中華料理「餃子の王将」、長崎ちゃんぽん「リンガーハット」、居酒屋「縁側屋」、ボルダリングジム「ビッグロック」が入ります。

また、このウィングキッチン京急鶴見の開業にあわせて、京急鶴見駅改札内に旅客用トイレが新設されるほか、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」(24時間営業)が1階改札外に設置されます。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事