東京駅 東海道新幹線側(八重洲側)の地下名店街といえば、東京駅一番街。

この東京駅一番街で、全国各地の名店ラーメンが体感できるのが、「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」。

そこに4月27日~8月31日の4か月間、北海道 富良野市の名店「富良野とみ川」が東京初出店するぞ!

ADVERTISEMENT

富良野の名物ラーメン店の味が東京駅で体感できる、その気になる逸品が、これ↑↑↑ 石臼挽き中華そば。

富良野とみ川「石臼挽き中華そば」は、麺の小麦粉は100%北海道産、石臼で挽く小麦は富良野産。石臼挽き麺は粗目の全粒粉を練りこんだものでツルツルというよりもシコシコ。咀嚼の度に小麦のうま味が広がる。

またスープは、タレは北海道素材を中心に配合された化学調味料無添加の手づくり。根室産短元昆布、干し椎茸、鰹、鯖から出汁を引いた透明で澄んだ鶏ベースのスープと、煮干出汁の2本立てを使用するこだわりにも注目。

さらにチャーシューは、富良野地方産の煮豚。鶏油で低温調理を施した北海道知床産鶏むね肉のコンフィを使用しているというから、この1杯を試さずに、東京駅を歩けない!

しかも、東京駅限定の「富良野とみ川」新メニューも、2杯あるというから、ここでチェック↓↓↓

富良野とみ川 東京駅限定「味噌バターコーンらあめん」

北海道産大豆を使用した3種類の味噌をブレンドした野菜の甘みが広がる背脂香味油仕立ての味噌スープに、北海道産生乳100%のバターにたっぷりのコーンをトッピングした“北海道満載ラーメン” 王道バージョンの味噌らあめんも、ぜひ。

富良野とみ川 期間数量限定「焙煎小麦塩中華」

ふらの産小麦「春よ恋」を自家焙煎し石臼で挽いた焙煎粉をさくら卵でつないだ麺が特長。ローストされた麺は鶏と魚介の白醤油ベースのスープが絶妙に絡む……。

地産地消のラーメンにこだわる「富良野とみ川」

北海道 富良野市の名店「富良野とみ川」は、平成9年(1997年)創業。

富川店主は創業当初から地元富良野の食材を使用した地産地消のラーメンにこだわり、2012年・2017年とミシュランガイド北海道でビブグルマン評価を獲得している。

2002年から全国百貨店での北海道物産展に毎年出店しているなか、ここ東京ラーメンストリートが、満を持しての東京初出店に。

『富良野とみ川』富川店主「日本一小麦の味がする北海道中華そばを」

「この度はご当地ラーメンチャレンジ企画の出店、それも最終章での登用、最大繁忙期の大役を仰せつかり心より感謝いたしております。当企画第一弾「支那そばや」薫陶を授かった佐野氏への思いを込めて北海道産素材のおいしさを堪能していただきたく存じます。石臼で挽いた日本一小麦の味がする北海道中華そば、お試しください」

せたが屋 前島司氏「自然派のラーメンはとみ川の真骨頂」

「富川店主はいつもラーメンについて熱く語り、ラーメンを愛する人間として長く付き合ってきました。富良野ラーメンと言えば北海道のご当地としてまだまだ知らない人が多いなか、是非この機会に富川店主の作るこのラーメンの魅力に触れていただきたいと思い声をかけさせていただきました。

富良野産小麦を石臼挽きにした自家製麺や、北海道産にこだわった食材の数々をバランス良くまとめた自然派のラーメンはとみ川の真骨頂。身体に優しくも、しっかりラーメンとしてお腹も心も満たされるラーメンはまさに体験として富良野ラーメンの魅力を存分に楽しめます」

東京ステーション開発