「ベースケアセラムは使い始めてから、なんか肌の調子がよくなっているのと、このテクスチャーが“じゅわとろ”なのが気になってます。

でもお気に入りはどちらかというと化粧液のほうですね。とろっとして肌なじみがよく、入ってる成分もいいから、もう完璧な化粧液だと思います。

香りもすごくいいからテンション上がります。冬って肌が一番気になる季節ですが、これをつけてでかけると一日じゅう乾燥せずに過ごせるのでは。

ADVERTISEMENT

朝はこの成分を肌にインストールして、ドラマ撮影にむかいますが、朝のスキンケアは眠気を覚ましてすっきりさせてくれますね」

―――俳優 高橋文哉がそう絶賛するのは、花王の総合皮膚科学スキンケアブランド「SOFINA iP(ソフィーナiP)」。

この「SOFINA iP(ソフィーナiP)」のポップアップストア「素肌の科学研究室」が、東京・原宿 @cosme TOKYO で11月14日まで開催中で、このイベント限定スペシャルコンテンツに、高橋文哉のボイスナビゲーションも公開中ということで、ここで詳しくチェックしていこう。

「スキンケアや肌への興味がいままで以上に高まって」

「SOFINA iP」は、「素肌に、科学をインストールする。」をブランドのスローガンにかかげ、11月4日にブランド象徴アイテムである『ソフィーナ iP ベースケア セラム<土台美容液>』をリニューアルし、ブランド初の化粧水『ソフィーナ iP 角層トリートメント 基礎化粧液』を発売。

そのブランドパーソンである高橋文哉は、いまの想いをこう伝えた。

「仕事柄、人に見られることも多いので、普段から肌には気を付けていて、自分なりにスキンケアも行ってきました。

SOFINA iP の皮膚科学や商品のことをたくさん教えていただいて、スキンケアや肌への興味がいままで以上に高まっています。

ぼく自身、肌への意識や知識をもっと深められるように、そしてこの素敵なブランドの魅力を一人でも多くの人に広げられるように、がんばっていきたいと思います」(高橋文哉)

「ぼくの写真があったり、商品も試せる」

そして東京・原宿 @cosme TOKYO で11月14日まで開催中の「SOFINA iP(ソフィーナiP)」ポップアップストア「素肌の科学研究室」にも注目。

このイベント限定スペシャルコンテンツに、高橋文哉のボイスナビゲーションも公開中で、高橋はこう伝えた。

「あらためて、スキンケアについて考えることも増えました。

男女問わず、みなさんの肌の悩みにこたえてくれる商品なので、この SOFINA iP(ソフィーナiP)を手にとってみてほしいですね。

ポップアップストアはほんとうに素敵なコーナーで、ぼくの写真があったり、商品も試せるので、ぜひ行ってみてください」(高橋文哉)

このポップアップストアでは、高橋文哉の解説ナレーションを聞きながら、SOFINA iP から初の化粧水として誕生した「角層トリートメント 基礎化粧液」や、ブランドを象徴するアイテムである進化した「土台美容液」を体験できるから、気になる人は、公式サイトをチェックして行ってみて↓↓↓
https://www.sofina.co.jp/ip/cp/202311_cp01

花王 化粧品事業部門 マステージビジネスグループ 鈴木裕之 ブランドマネージャー