※2023年10月撮影

トップ画像は「多摩動物公園駅」の横にある「京王あそびの森HUGHUG<ハグハグ>」。京王電鉄は「多摩動物公園駅」エリアを「キッズパークたまどう」=「親子で1日楽しめるエリア」としています。

出入口。筆者は初めて入館します。施設の案内はこちらをご覧ください。

ADVERTISEMENT

※2023年10月撮影

エントランスを入るとすぐに乳幼児専用エリア「はいはいパーク」があります。

※2023年10月撮影

コーナーに「ボールプール」。乳幼児が全身埋まって遊べそうです。

※2023年10月撮影

多摩産ヒノキのフローリングなど木製の遊具がならんでいます。

※2023年10月撮影

忘れるトコロでした。ゲートの横に「きりかぶハウス」がありました。多摩産のスギやヒノキが使われています。

※2023年10月撮影

「もりのあそびば」に入ると頭上に「ハグハグのき」があります。

※2023年10月撮影

高さ約12m・直径約15m、日本最大級のネット遊具。中は4階層で空中での遊びが楽しめます。

※2023年10月撮影

「もりのあそびば」には、約45,000個のボールという巨大な「ボールプール」とすべり台などの複合遊具があります。

※2023年10月撮影

時折通過する「多摩モノレール」を眺める楽しみもあります。

※2023年10月撮影

次回も「京王あそびの森HUGHUG<ハグハグ>」の館内を歩きます。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)