「真相までたどり着くのが難しかったです。でも、めちゃめちゃ楽しかったですね。みんなでマジックの練習会で集まるっていう設定が、青春っぽくてグッときました」

―――そう語るのは、オモコロ 永田智。彼がそう興奮気味に話すのは、マジック:ザ・ギャザリング マーダーミステリー《どぐら邸殺人事件》に挑戦しての想い。

世界中で5千万人を超えるプレイヤーとファンをもつ元祖戦略トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」は、2月11・12日の2日間、パシフィコ横浜で、マジック:ザ・ギャザリング最大規模のイベント『プレイヤーズコンベンション横浜 2024 Supported by 楽天ブックス』を開催。

ADVERTISEMENT

2月12日には、新セット『カルロフ邸殺人事件』にちなみ、オリジナルシナリオのマーダーミステリー《どぐら邸殺人事件》も開催。

5名のゲスト+GM1名が、マジック:ザ・ギャザリングの要素を含むステージイベントに挑戦した。

またイベントに先駆けて、2月9日から「マジック:ザ・ギャザリング」名作カードアートスリーブプレゼントキャンペーンもスタートしたから、要チェック↓↓↓
https://mtg-jp.com/30th_artcollection/

まずは、《どぐら邸殺人事件》のストーリーから、そして参戦者たちの熱い想いを聞いていこう↓↓↓

まずは《どぐら邸殺人事件》のストーリーからチェック

カードショップで出会い、親交を深めた6人は、2月某日、ドグラの自宅でプレイヤーズコンベンション横浜2024に向けて練習会を実施する。

当日、予定通り午前中から根詰めておこなっていた練習を一旦終え、暫く休憩とすることにした。

ヤマモトがナガタを誘い、家を出て行く。

そして各々が用事を済ませて練習会再開の時刻となった際に、ドグラが自身の部屋を訪れると、先ほどから姿が見えなかったエビエが、頭を真っ赤に染めて倒れていた。

ドグラがエビエの首元に指を当て、「死んでる…。」と静かに呟いた。

どう考えてもここに居合わせた5人の中にエビエに危害を加えた犯人がいるとしか思えない状況に、皆は思わず口元を抑える。

「まずは状況を整理しませんか…?」
「部屋の中は、これ以上荒らさないためにドグラさんが調べてください。」

ツルサキの言葉を発端に、各々は部屋の様子を伺いながら、自身の休憩中の行動について話し始めた―――。

どぐら、QuizKnock 山本祥彰、鶴崎修功、須貝駿貴、オモコロ 永田智、GM 海老江邦敬 の6名が名推理!

どぐら、QuizKnock 山本祥彰、鶴崎修功、須貝駿貴、オモコロ 永田智がそれぞれ設定された役になりきり、ゲームマスターとして今回の企画を行った海老江邦敬GMが進行。

前半・後半のパートで進行し、次々と公開されていくヒントをもとにそれぞれ推理。

マーダーミステリーの経験が20回もあるという須貝以外は、人前でのマーダーミステリーの経験がほとんどないというメンバー。

それぞれが機転を利かした推理を披露し、そして意外な展開に爆笑し、ゲームは大盛り。

果たして犯人は誰なのか? MVP は誰なのか? その全貌はこのあとアーカイブ配信されるというから、こちらも要チェック↓↓↓
https://www.youtube.com/@wizardsmtgjp/videos
https://www.twitch.tv/ikoma_dogura

《どぐら邸殺人事件》をプレイしてみて、ぶっちゃけ!

どぐら(ど) 、山本祥彰(山)、鶴崎修功(鶴)、須貝駿貴(須)、オモコロ 永田智(永)、海老江邦敬(海)に、今回のゲームを終えて、いろいろ聞いてみた↓↓↓

―――ステージイベントーマーダーミステリー「どぐら邸殺人事件」の感想を。

ど:みんなでいっしょに展開をつくっていくところもあるので失敗したらどうしようみたいな不安もあったのですが、没頭できて楽しませていただけました。

山:人前でマーダーミステリーをするのが初めてでしたが、ストーリーが面白くて、みんなで協力するようなところもありとても楽しかったです。

鶴:マーダーミステリーは、1回しかやったことがなく、緊張してました。今回はマジックに触れたことがない方も見られたりすると思ったので、マジックに触れるきっかけになればと思ってやっていました。盛り上がってできて、とても良かったなと思います。

須:僕が一番マーダーミステリーの経験があったので、積極的に参加できたらなと思っていたので、それはできたかなと思います。今回、 昔から知っているマジックとコラボできたのはすごい嬉しかったです。最後開封もできたのも楽しかったですね。

永:真相までたどり着くのが難しかったです。でも、めちゃめちゃ楽しかったですね。みんなでマジックの練習会で集まるっていう設定が、青春っぽくてグッときました。

海:シナリオの制作からさせていただいて、この舞台だからこそできることをやろうと思っていたので、観客の皆さんも含めての大団円になってすごくよかったなと思いました。

新セット『カルロフ邸殺人事件』やプレイ・ブースターの感想は?

ど:『カルロフ邸殺人事件』は、犯人や探す人がいる謎解きミステリーになっているので、マジックに馴染みがない人も、ストーリーだけでも楽しめると思います。また今回から登場する、プレイ・ブースターは、ドラフト・ブースターとセット・ブースターのいいとこ取りなんで、とても「お買い得やで!」と思いますし楽しみです。

山:シンプルにカードがかっこいいですね。また1つのセットにもこんなにも重厚なストーリーがあるんだっていうのを知って、すごく面白かったです。「殺害」のカードが気に入ったので、4積みして使っていきたいです。

鶴:マーダーミステリーをテーマにしたカードってなかなかないですし、「証拠収集」とかうまくゲームに落とし込まれていて面白いと思います。また新セットが出るタイミングは、始めるには非常にいい時だと思うんでこの機会に始めてもらいたいですね。

須:『カルロフ邸殺人事件』のカードを今日初めてみましたが、絵からも世界観が伝わってきて、やりがいがあり楽しそうだと思いました。またマーダーミステリーという新しいコンセプトがとても新しいですし、ますますプレイしていきたいなと思いました。

永:プレリリースイベントから楽しませてもらっていて、証拠収集の要素とかがやり応えがあって、うまく使えた時の楽しさもいいですね。まだ始めたばかりですが「変装カード」も「変装で隠れてるやつこれだろ」ってわかるぐらいまでやり込みたいです。

海:カルロフ邸殺人事件は、これまでと違って、こういうことがマジックの世界の日常で起きてるんだなという目線でも楽しめるので、その意味でも面白いと思いました。マーダーミステリーとマジックの、どっちのファンとしても素晴らしいセットだと思います。

マジックを遊んだことないことがない人たちへ、推しトピを!

ど:初心者さんのためのイベントなども、僕もやらせてもらっているので、1人じゃ始めづらいなという人も、イベントを利用したりして始めてもらえるといいと思います。ゲーム自体の面白さは保証するので、やらずに終わるのはもったいないので「やりたいな」と思う気持ちを大事にして是非やってほしいですね。

山:最初は、『スターターキット』などの初心者向けセットもあるので、仲間同士でそこから始めてみるといいと思います。マジックは奥深い世界ですが、始まり浅くスタートし、どんどんのめり込んでいきながら、さらに深く追ってみるのがいいと思います。

鶴:マジックは人気なので、周りにすでにプレイヤーがいると思いますので、まずは、そういう人に教えてもらいながら始めるのが1番かなと思います。僕も、友達にデッキを組んでもらって始めたので、すぐ勝てるようになりましたし、面白さもわかりました。

須:プレイヤーズコンベンションでも初心者向けのイベントもあるので、そういった機会を利用してみるのもいいかもと思いました。今回のイベントを縁に興味を持っていただいた方は、そういったイベントに参加してみて始めてみるといいかなと思いました。

永:とにかく、「まずは何も言わずやってみよう」もうそれだけですね。いろんな人にマジックをやってもらえるといいと思います。

海:僕は常に始め時と思っていて、マジックはもう30周年になるんですけど、ずっと続いているほど面白いとお勧めしています。専門店さんなどには、ティーチングマイスターもいるので、遊び方も教えていただけます。ぜひ皆さんも、遊んでいただきたいです。

マジック名作カードアートスリーブが当たるプレゼントキャンペーンも開始!

さらにマジック名作カードアートスリーブが当たるプレゼントキャンペーンも開始。

WPN 店舗で対象製品を2万円(税込)以上購入毎にスリーブ1種(80枚入)をランダムでプレゼント!

スリーブアートは全20種類で、5種類のアートスリーブにはフォイル版も存在。

《宝石の睡蓮》《金属モックス》《オパールのモックス》《モックス・ダイアモンド》など人気アートが多数登場!

また《戦慄衆の将軍、リリアナ》はフォイル版のみで登場するから、気になる人は、公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://mtg-jp.com/30th_artcollection/

【関連リンク】