賃貸物件を契約をするとき、電気やガスの契約のハードルが高い―――。

ニッポンには、実はそんなユーザーの声があるって、知ってた?

それは外国人だけでなく、日本国内に住む人たちにも、こんな知られざるハードルが、いまもある。

ADVERTISEMENT

こうしたニーズに応えながら、国内外で注目を集めている賃貸住宅物件が↓↓↓

家具付き・家具なしが選べる賃貸住宅ブランド「ウィーヴ・プレイス」

そう。国内外で注目を集めている賃貸住宅物件とや、家具付き・家具なしが選べる賃貸住宅ブランド「ウィーヴ・プレイス」。

これ、都市型の家具付き賃貸住宅などを展開する総合賃貸住宅プロバイダーとしてアジア太平洋地域をけん引する WEAVE LIVING の最新物件「Weave Place – Asakusa Kaminarimon」。

WEAVE LIVING は、この新物件「Weave Place – Asakusa Kaminarimon」のほか、「Weave Place – Ryogoku」「Weave Place – Morishita」を3月1日にオープン。

この最新3物件は、WEAVE LIVING の特徴である「ストレスフリーなシティ・リビング・モデル」を日本の賃貸住宅ユーザーに提供するためのブランド「ウィーヴ・プレイス」の最新物件で、早稲田・門前仲町・東高円寺・国立に次ぐ物件で、これで合計8件に。

実際に現地に行って部屋に入ってみると、「こ、これは、実際にほんとうに住んでみたい」と、実感―――。

通信環境も万全、すべての光熱費が賃料に! 24時間防犯カメラで安心

WEAVE LIVING 新物件「Weave Place – Asakusa Kaminarimon」「Weave Place – Ryogoku」「Weave Place – Morishita」の特長は、即日入居可能なだけでなく、優れたデザインの家具・家電、ホテル品質で快適なベッド、そして十分な収納設備を備えている点。

各室内に高速WiFiとスマートTVも設置し、すべての光熱費が賃料に含まれている。しかもすべてオンラインで契約完結。これもすごい。

短期でも長期でも、さまざまな滞在期間に柔軟に対応する施設ということで、いま国内外のユーザーが注目している物件なのだ。

しかも、専任のセキュリティースタッフと24時間365日稼働の防犯カメラで、優れた防犯性もチェックポイント。

スマートフォン専用アプリから、必要に応じてメンテナンスや家事代行サービスを予約したり、各種イベントやアクティビティの通知を受け取ることができるのもうれしい。

「新しいスタイルの物件をお探しの方に応える」

ウィーヴ リビングの創業者 Sachin Doshi(サチン・ドシ)グループCEO は、「2023年9月の新規物件取得発表以来、日本でのビジネスが素晴らしいスタートを切ったことを本当に嬉しく思います。2024年もエキサイティングな展開を実施いたします」と。

また、Weave Living Japan 野口大助 代表取締役は、「日本での物件展開は、すでに力強い成長を見せています。また、現地チームの豊富な経験を生かし、従来型の賃貸スタイルで物件をお探しの方、あるいは新しいスタイルの物件をお探しの方、両方のニーズにお応えできるよう努力しています」とビジョンを伝えている。

いまなら9か月プランの料金でお得に体感!

いま、ウィーヴ・プレイスでは、3月31日までに予約を完了すると、Weave Place 浅草雷門 / 両国 / 森下/ 門前仲町 / 早稲田の客室すべてで、3か月以上滞在予約した場合、9か月プランの料金でサービスを利用できる!

重要な規約条件として、次の3点をチェック↓↓↓

◆2024年 3月31日 日曜日までにご予約が完了していること

◆入居日が 2024年 4月30日 火曜日以前の日付であること

◆賃貸期間の合計が 3ヶ月以上であること

―――いま流行りの賃貸物件を体感するなら、このチャンスは逃せない。詳細は公式サイトをチェック↓↓↓
https://www.weave-living.com/jp/jp

【関連リンク】