旅行予約サービス「楽天トラベル」(運営:楽天グループ)が、2024年のゴールデンウィーク期間の人気上昇都道府県ランキングを発表しました。(対象は2024年4月27日宿泊~5月5日宿泊分)

前年同期比の予約泊数の伸び率でランキング化

前年同期比の予約泊数の伸び率が多い順にランキングした結果、1位は2024年3月の北陸新幹線延伸で話題の福井県となりました。

■「楽天トラベル2024年 ゴールデンウィーク人気上昇都道府県ランキング」
・1位: 福井県
・2位: 長崎県
・3位: 奈良県
・4位: 茨城県
・5位: 広島県

1位 福井県

ADVERTISEMENT

1位の福井県は、2024年3月に北陸新幹線が延伸したことで関東圏からアクセスしやすくなり、全体で前年同期比1.2倍以上に増加。中でも、延伸の終着駅である敦賀駅周辺エリアや福井駅周辺エリアを中心に予約が好調に伸びています。

2023年7月には福井県立恐竜博物館がリニューアルオープンしたことで、新たな話題も提供しています。宿泊構成別では、特に子連れでの旅行が好調に伸びており、前年同期比の約1.9倍となっています。

2位 長崎県

2位の長崎県は、「ハウステンボス」周辺エリアの伸びが特に力強く、同エリアの予約数は前年同期比で約1.3倍に伸長しています。「ハウステンボス」では、ヨーロッパの街並みに咲き誇る季節の花々や世界最大級のイルミネーションを楽しむことができ、今年3月には新しいライドアトラクション「ミッション・ディープシー Xsenseライド」がオープンしました。

ゴールデンウィーク期間には期間限定イベントやバラを楽しめる「100万本のバラ祭り」を行う予定で、旅行者からの注目を集めています。長崎県全体では、男女2名利用や男性1名の利用を中心に予約が入っており、特に子連れ旅行の伸びが前年同期比で好調です。

写真:©ハウステンボス/J-21352

3位 奈良県

3位は奈良県となりました。奈良県はインバウンドの予約数が強く伸びており、「楽天トラベル」におけるゴールデンウィーク期間のインバウンドの予約伸び率は、全都道府県の中で最も高い結果(注)となっています。

さらに、近年高級宿を含む新規宿泊施設の開業が継続的に進み、旅行者から注目を集めています。
日本人旅行者の傾向では男女2名利用の割合が最も高く、予約数も好調に推移していることから、国内外ともに注目を集めていることがうかがえます。

( 注:「楽天トラベル 2024年 ゴールデンウィーク 人気上昇都道府県ランキング」においてインバウンド予約のみを抽出。集計日は2024年4月15日)

調査の概要

■「楽天トラベル 2024年 ゴールデンウィーク 人気上昇都道府県ランキング」概要■
集計日: 2024年4月17日(水)
集計方法: 宿泊日が以下「宿泊期間」に含まれる国内の宿泊施設の予約泊数を都道府県別に集計
宿泊期間: 2024年4月27日(土)~5月5日(日)および2023年4月29日(土)~5月7日(日)
集計対象: 国内宿泊施設予約(インバウンド、ダイナミックパッケージ、デイユースを含む)

いよいよゴールデンウィークが始まります。参考にどうぞ。

(鉄道チャンネル)

【関連リンク】