傘の購入金額が最も高い県は? ウェザーニューズ、傘調査2017発表

2017.06.13

電車のなかの忘れ物で、この梅雨時期に増えてくるのが、傘。阪急電鉄では、傘の忘れ物の保管期間を3か月から2週間に短縮する試みも始まりました。そんななか、ウェザーニューズ(千葉市美浜区)は傘調査2017を実施。6月13日に興味深い結果を報じました。

同社のこの調査結果は、5月31日~6月7日にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じて、傘にまつわる質問をし、のべ7万3452人のユーザーから回答を得たものです。

その結果、東京都は、傘の年間購入数・傘の所有数・ビニール傘の所有数の3項目すべてで1位に。

また、持っている傘の平均の値段を聞いたところ、1位が富山県で2,353円、2位が石川県で2,262円と、北陸の2県が上位に。

さらに、「新しい傘が欲しい」と思っている人は全体で約4割、男性は「丈夫さ」、女性は「デザイン」が購入の決め手と。勝手に傘を使われた経験がある割合は全体の6割強となり、年間の降水量が多いエリアほど割合が高いことがわかりました。

こちらの記事もオススメです