電車やバスでキャンプに行く公共交通派へ 新感覚スーツケース登場

2017.07.05

キャンプは、クルマだけじゃなくて電車やバスを使って行ってみたい――。そんな想いを実現させるスーツケースが登場しました。キャンパー用スーツケース「キャンパーノ・コロコーロ」。DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)の新作で、7月3日から発売されます。

キャンパーノ・コロコーロは、「スーツケースでキャンプに行きたい」というニーズに応える縦長設計のスーツケース。容量は58リットル。テントや寝袋、折りたたみテーブルなど、いろいろなキャンプ用ツールを収納でき、1~2人分の道具をひとつのスーツケースで運べます。

「キャンプというと、クルマに荷物を積んで行くもの、というイメージが根強いのが実情。 しかし実際には、電車やバスなどの公共交通機関で行けるキャンプ場は全国にあり、入口までは道路の舗装がされているところも少なくない。 クルマやバイクがなくても、より気軽に電車やバスでキャンプに行けるようにしたいと DOPPELGANGER OUTDOOR は考え、本製品をリリースした」(ビーズ、大阪府東大阪市)

本体は、ABS樹脂+ポリカーボネイト製、内装はポリエステル製。ハンドルはアルミ製。通常のスーツケースよりも縦長で、「改札やエスカレーターなどもスムーズに利用できる」(同社)。

また、ケース閉部は防水ジッパーを採用し、雨が降っても中身に水が濡れ入る心配なし。ケース前面部はフラット形状で、キャンプ場に着いて荷物を出したあとは、ローテーブルとしても使えます。

4輪キャスターのうち2輪にはロック機能を搭載し、電車内などでキャスターを固定しておきたいシーンでこのロック機能が重宝します。税別参考価格は1万8000円(オープン価格)。

こちらの記事もオススメです