日立レールヨーロッパ社、英国高速列車用車両基地にジュウェアズドアー社の最新ドアを採用……開閉作業は8秒以下

2017.08.15

イングランド中部、ドンカスター。ここに英国高速列車「インターシティエクスプレス」の車両基地を構える日立レイルヨーロッパ社は、8秒以下で開閉する最新ドアを車庫に採用しました。

メーカーは、産業用ドアメーカー大手のジュウェアズドアー。同社によれば、今回、高速で自動開閉する両開きスライドドア5基を同基地に配備。高出力・インバータ制御のSEWドライブユニットをドア中央部に装備し、スピーディーでスムーズな開閉を実現。その始動から停止までの開閉時間は、8秒以下です。

エッジ部分には、圧力センサーを設置し、万が一、列車や障害物、作業員がはさまれても自動停止する機構を装備。ドア開閉時には照明も自動点灯し、作業エリアの安全性を確保します。

(ジュウェアズドアー社の車両基地ドア設置例)

TAGS 日立


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです