東芝、アダプティブ映像伝送システム技術を開発_リアルタイム遠隔監視を低コストで実現

2018.11.07

東芝は、クラウドのサーバーに通信量をおさえてリアルタイムに収集・配信するアダプティブ映像伝送システム技術を開発。

社会インフラの遠隔監視のためのカメラや、自動車・鉄道・産業用ロボット・ドローンなどの移動体に搭載されたカメラなど、広域に配置された多数のカメラによる大量の映像を、同社独自の映像圧縮伝送技術で実現した。

<テクノロジー関連記事>

現在、一般的なドライブレコーダーの圧縮後映像による伝送時と比較し、データ量を8割以上削減。サーバー1台で数千台規模のカメラ映像を収集・配信することが可能に。

同社は、同技術のデモシステムを、グランドニッコー東京 台場(東京都港区台場)で11月8・9日に開催される「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」に展示する。

背景に、データ処理負荷とコストのアンバランス

近年、災害や防犯対策などを目的に、社会インフラや公共施設を中心にカメラ映像監視システムの設置が急拡大。

また、安全運転支援や車両運行管理を目的とした、LTE(Long Term Evolution)モバイル通信対応のドライブレコーダーや、産業用ロボット、ドローンなど、移動体に搭載されたカメラを用いた遠隔映像監視システムの普及がすすむ。

監視システム周辺の状況を遠隔からリアルタイムで把握するためには、多数のカメラ映像を同画面に見やすく表示する必要がある。

また、移動体に搭載されたカメラで撮影した映像は、より広範囲からカメラ映像を無線通信で収集し活用することが想定される。

従来のカメラ映像監視システムでは、通信パケット容量と通信速度制限の制約による、データ処理の負荷が問題になり、遠隔でのリアルタイム監視を、コストをおさえて実現することが難しいという課題があった。

そこで同社は、多数のカメラからの映像を低コストで、遠隔から詳細にリアルタイム監視できる、独自の映像圧縮伝送技術を適用した「I/Pピクチャ分離映像配信アーキテクチャー」によるアダプティブ映像伝送システム技術を開発した。

映像データを分割、画像劣化なし

このアダプティブ映像伝送システム技術は、映像データを高画質なまま細切れに管理し、細切れの一部分のみを伝送することで通信パケット量を節約。

詳細な映像をみたいときは、表示モードを切り替えることで、即座にすべての映像データを伝送。

なめらかで鮮明な映像を表示させることで、全体の通信量をおさえながら詳細なリアルタイム監視を実現。

伝送帯域に制約がある場合は、一度細切れの一部分を表示した後に巻戻し再生を繰り返すことでカメラ側に記録された未送信の映像データを段階的に伝送。なめらかな映像に近づけることができる。

また、従来技術のように、通信量を減らすために圧縮処理をし、低画質映像にする必要がないため、圧縮処理に起因する処理負荷や画質劣化がない。

そのため、クラウドサーバーのコストがおさえられ、画像認識技術の活用にも適している。

また、この技術を搭載したシステムを、標準準拠の映像コーデック、ブラウザー、ウェブサーバーを用いて低コストで開発し、スムーズに動作することを実証。

一般的なカメラに搭載されているH.264/AVC標準エンコーダーなどをそのまま活用することができる。

また、パソコン、タブレット、スマートフォンのHTML5標準ブラウザーで特別な拡張機能などを必要とせずに再生できる。

<テクノロジー関連記事>

TAGS


LINEで送る

オススメ記事