フランス国鉄パリリヨン駅で期間限定の駅弁売店がオープン

2018.09.06

~駅弁文化の魅力を伝える~

フランス国鉄パリリヨン駅で期間限定の駅弁売店をオープン

JR東日本と日本レストランエンタプライズは、花善、 斎藤松月堂、 日本ばし大増、大船軒、 淡路屋と共同で、 10月30日から11月30日まで、 フランス国鉄パリリヨン駅で駅弁の臨時販売を行う。

フランスでの駅弁の臨時販売は、2016年3月1日から5月26日に同駅で実施して以来、 今回が2回目。
前回はNREの駅弁のみの販売だったが、今回は新たな取組みとして、日本を代表する老舗の駅弁会社5社が共同で駅弁を販売する。
駅弁の特徴である「地産地消」の考えに基づいてフランス産の食材を使用した駅弁や、 日本の味を盛り込んだ駅弁、 今回のためだけに調製した限定駅弁など7種類の駅弁を販売。

今回の取組みは、 日本文化の素晴らしさを世界へ発信することを目的に日仏両国が共同で取り組んでいる「ジャポニスム2018」の参加企画に登録されている。

店舗概要


【店舗名】
駅弁 EKIBEN
【場所】
フランス パリリヨン駅ホール2内
【営業期間】
2018年10月30日~11月30日
【営業時間】
8:00~19:30 ※10月30日のみ 11:00~19:30

駅弁とは

駅弁とは「鉄道駅で販売している弁当」。
列車内で食べる単なる弁当という位置付けだけでなく、 地方ごとの食材を使用する「郷土料理」としての意味がある。

駅弁の誕生には諸説あるが、日本で最初の駅弁は1885年に上野から宇都宮まで鉄道が開通した際 栃木県宇都宮駅で販売した「おにぎり弁当」だといわれている。
それから約130年後の現在、日本では約2,000種類以上の駅弁が販売されている。

販売商品

■「鶏めし弁当」
【製造元】株式会社 花善(秋田県)
【価格】12€ (税込)

■「シャロレー牛あぶり焼き弁当」
【製造元】株式会社 斎藤松月堂(岩手県)
【価格】14€ (税込)

■「菜食弁当」
【製造元】株式会社 日本ばし大増(東京都)
【価格】10€ (税込)

■「幕の内 9の彩り弁当」
【製造元】株式会社 大船軒(神奈川県)
【価格】15€ (税込)

■「ひっぱりだこ飯」
【製造元】株式会社 淡路屋(兵庫県)
【価格】14€ (税込)

■ジャポニスム2018記念駅弁「よりどりいなり弁当」
【価格】15€ (税込)

■JR東日本・NRE共同開発駅弁「E7系新幹線弁当」
【価格】12€ (税込)

「ジャポニスム2018」とは


「ジャポニスム2018」は、日仏友好160周年を記念し、日本文化の素晴らしさを世界へ発信する取組みとして2016年5月に日本とフランスの合意により実施が決定。
世界的に文化大国と知られ、また以前から日本文化のよき理解者であるフランスにおいて、 2018年7月~2019年2月の8ヶ月間に渡り、展覧会、舞台公演、映画、生活文化など様々なイベントがパリ内外の100近くの会場で順次開催される。

TAGS 駅弁 NRE 映画


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです