上越新幹線 E7系導入でバージョンアップ、東京~新潟 1分短縮

2018.12.29

東京~新潟の上越新幹線に2019年3月から、E7系がはしる。

<2019年ダイヤ改正 関連記事>

上越新幹線 E7系が担うのは、とき・たにがわ の一部。

E7系で運転する列車は次のとおり。

<下り>

とき 309号 東京 8:52発

とき 315号 東京 10:16発

とき 327号 東京 15:16発

たにがわ 413号 東京 19:12発

とき 347号 東京 20:24発

<上り>

たにがわ 402号 越後湯沢 7:08発

とき 308号 新潟 7:49発

とき 320号 新潟 12:35発

とき 336号 新潟 16:56発

とき 342号 新潟 18:12発

上越新幹線 E7系使用列車はグランクラス利用可能に

グランクラス車両が組まれているE7系。

上越新幹線 E7系使用列車は、アテンダントサービスなしの新料金で設定。

東京~越後湯沢・長岡・新潟の間のグランクラスは、規定のグリーン車料金との差額がプラス3090円で利用できる。

酒田・秋田への特急に同一ホーム乗り換え

上越新幹線にE7系が登場するのにあわせ、新潟駅で とき と特急 いなほ のすべての定期列車が同一ホーム乗り換えに。

E7系化と同一ホーム乗り換えで、東京~新潟・酒田間の所要時間が2分短縮。東京~新潟も1分短縮する。


LINEで送る

オススメ記事