【鉄の一瞥 50】国鉄143系クモユニ143形

2018.04.12

現存するのは2台

長野で久しぶりに長野電鉄に乗った後、東京方面に帰る時に長野駅構内で「国鉄143系クモユニ143形」を見かけました。

「国鉄143系クモユニ143形」は1981年(昭和56年)に身延線の郵便・荷物合造車両として4台が作られましたが、1985年(昭和60年)に身延線での郵便・荷物輸送が廃止されたため長岡運転所に転属。1986年(昭和61年)旧国鉄で郵便・荷物輸送が廃止になります。しかし、外房線・内房線での新聞輸送は継続されたため幕張電車区に転属。10年後の1996年(平成8年)房総地区での新聞輸送が旅客車両に換わり余剰車両になったクモユニ143形は長野総合車両所に転属して基地内の車両入替や職員輸送に使われるようになりました。これも2010年(平成22年)合理化で廃止、構内入換用として残されましたが作られた4台の内「2」と「4」が除籍解体されました。

2015年(平成27年)信越本線がしなの鉄道に経営分離され長野総合車両センターの車両が減ったため再び長野駅と長野総合車両センター間の職員輸送にクモユニ143形「1」が使われる様になります。「3」は構内入換専用です。

長野駅構内で、2018年4月10日に撮影しました。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事