【私鉄に乗ろう 59】養老鉄道養老線 その8

2018.06.26

1.5kmで養老線で唯一の高架駅烏江駅。牧田川(揖斐川支流)と杭瀬川の改修工事に伴って1997年(平成9年)に高架化されました。

単式ホーム。コンクリート製の駅。

駅名標。周囲は田園地帯です。南500mほどのところに烏江の集落があります。

養老鉄道600系502の前部。真ん中の色つきガラスから前面展望を撮っています。これがピントの合わない原因。短いトンネルが数カ所あるのでカーテンを閉める替わりに遮光フィルムが貼ってあるのでしょうか。右側は貼っていないのですが、大きなサイクルトレインのシールがあって撮れません。

東海環状自動車道をくぐります。

2.7kmで美濃高田駅。相対式ホーム2面2線。この駅が養老町の中心部にあります。

桑名方面ホーム。

大垣方面ホームに駅舎があります。

ガラス越しに駅名標。逆光でひどい状態、すみません。

ここにもカメラマン。日曜日だから?

次は養老鉄道の名前にもなっている養老駅です。【私鉄に乗ろう 59】養老鉄道養老線 その9 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS 鉄道旅 養老鉄道


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです