横須賀線E217系使用、津波を想定した避難訓練_参加者募集

2018.06.14

JR東日本横浜支社は、9月1日「防災の日」10時30分~15時30分(避難訓練11時30分~11時50分)に、津波を想定した避難訓練を実施。一般参加者1500人を専用サイトで募集する。

訓練会場は、JR横須賀線 横須賀駅構内。一般参加者の集合・解散場所は大船駅。 参加費は無料。

訓練は、横須賀線E217系11両編成を使用した団体専用列車を大船~横須賀間(1往復)で運転し実施。

横須賀駅構内に到着後に訓練を開始し、乗車中の1500人は、ハシゴを使用しない方法で車両から駅構内の線路上に降車する。

その後、今回の訓練で特別に指定した横須賀駅構内の避難場所まで避難誘導を行う。

1500人がE217系11両編成に乗車すると、乗車率がおおむね100%強になり、車内では立席になる場合もあるという。

応募は、専用サイト(https://bousai0901.com)で6月18日~7月31日の間で受け付ける。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事