京急線アプリに駅改札混雑状況表示機能

2018.07.03

京浜急行電鉄は、京急線の鉄道情報を配信している京急線アプリで、「駅改札混雑状況」表示機能の提供を2018年9月から始める。

この駅改札混雑状況機能は、改札付近のカメラの映像から混雑状況を判断し、静止画データに利用者の人型アイコンを表示するもの。

手持ちのスマートフォンでタイムリーに駅構内の混雑状況を確認でき、ダイヤ乱れ発生時などに列車を利用するタイミングや他社線や他交通機関の利用を利用者自身で判断しやすくなる。

また、駅の混雑時間の傾向もわかり、駅の空いている時間帯も事前に確認することができる。

これまでも京急線アプリにおいては、「快特」「特急」などの優等列車をのぞき、低混雑列車へ誘導する乗換検索「ゆったり電車で行こう」や、通勤ラッシュ時間帯の列車内の混雑状況を表示する「列車混雑状況目安表示」機能を提供してきた。

今回の新機能追加で同社は、快適な通勤時間帯や通勤列車の情報を提供し、東京都の推奨する時差出勤「時差Biz(ビズ)」を推進していく。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです