ひかりTV、映像配信サービスで9年連続トップ_スマートTVサービスAWARD 2019_MM総研 調査

2019.03.28

Amazon「Amazonビデオ」、HJホールディングス「Hulu」、NTTドコモ「dTV」、NTTぷらら「ひかりTV」、ケイ・オプティコム「eo光テレビ」、ジュピターテレコム「J:COM TV」、スカパーJSAT「スカパー!」、Netflix「NETFLIX」、Perform Investment Japan「DAZN」、U-NEXT「U-NEXT」。

こうしたスマートTVを展開する主要10事業者のなかで、最も優れたサービスは、どれか?

ICT市場専門リサーチ・コンサルティングのMM総研は、優れた映像配信サービスを表彰する「スマートTVサービスAWARD 2019」の調査を実施。有識者会議による最終審査を終え調査結果を発表した。

その結果、最も優れた映像配信サービスは、NTTぷららが提供する「ひかりTV」で、9年連続 最優秀賞。

今回の審査では、映像配信サービスをはじめ、豊富なコンテンツを提供するひかりTVが、僅差ながら連続して首位の座を守ったかたち。

Amazonビデオは、ひかりTVに0.1ポイント差まで迫り、NETFLIXも昨年の6位から3位にランクアップするなど、オリジナルコンテンツ制作に注力する海外勢が勢力を伸ばしている。

ひかりTV、多彩なサービスをまとめるプラットフォーム構築力に高評価

MM総研 スマートTVサービスAWARD 2019 は、先進性/市場性/コアバリュー/顧客志向性(サービス)/顧客志向性(機能)/顧客満足度/スマートTVサービス期待度/スマートTVサービス認知度 の全8分野について、合計32項目の重要度を加味し、ポイント化して評価。

また、一部の項目については各サービスのユーザー合計2000人を対象にアンケート調査を実施。利用者の声も反映させている。 

総合評価スコアでは、NTTぷららの「ひかりTV」が80.0点(100点満点中)と最高ポイントを得て総合評価AAを獲得。最優秀賞に。

評価対象の8分野のうち、先進性、コアバリュー、顧客志向性(サービス)、顧客志向性(機能)の4分野で最も高い評価を得た結果に。

ひかりTVは、約15万本のビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスを提供するほか、映画やアニメ、スポーツなどの4Kコンテンツを約3000作品そろえる。

映像以外にもゲームや音楽配信、ショッピングなどのサービス展開やマルチデバイスへの対応も強化した。

「ひかりTV for docomo」、「ひかりTV for NURO」、「ひかりTV with CATV」など、会員基盤のある事業者との提携を積極的にすすめ、国内の番組制作会社やアニメ制作会社との資本提携などを強化するなど、オリジナルコンテンツの拡充で実績を積んだことが高く評価された。

2019年7月には、NTTドコモのグループに入ることから、次世代通信規格5Gにむけた技術や、会員基盤を活用し今後のビジネス拡大に注目が集まる。

Amazonビデオ や NETFLIX、オリジナルコンテンツ制作に注力し勢力を拡大

第2位は、Amazon が提供する「Amazonビデオ」で、総合評価スコア79.9点を獲得。1位のひかりTVに0.1ポイント差まで追い上げた。

Amazonプライム会員の幅広い世代から支持を得る、充実したコンテンツのラインアップが評価された結果。

世界配信によるAmazonスタジオのオリジナル作品と、ローカルの嗜好にあわせたコンテンツの制作・配信を同時並行ですすめ、手軽に低価格でオリジナルコンテンツが見られることから、顧客満足度の項目で高評価を得た。

第3位は、Netflix が提供する「NETFLIX」で、総合評価76.2点を獲得。前回の2018年調査時の6位から3位へ躍進した。

サービスに対する価格妥当性や、コンテンツの使いやすさから、質の高いオリジナルコンテンツの調達に注力したことで、ユーザーからの支持を獲得した。

また、全世界同時配信などのグローバル展開に強みがあり、審査員特別賞をあわせて受賞。

課題は、スマートフォン中心の視聴スタイルに合わせた対応

スマートTVサービスAWARD 2019は、従来の映像配信サービスからスマートTVサービスへの移行をみすえた 4K映像や、コンテンツラインアップの拡充、ユーザーを囲い込むオリジナルコンテンツの調達や、制作に積極的に取り組んでいる事業者が高いスコアを獲得する結果に。

視聴デバイスのマルチ対応や、ユーザーの好みにあった作品のレコメンドも評価のポイント。さらに日本独自のローカルコンテンツの重要性が増すほか、スマートフォン中心の視聴スタイルにあわせたプレビューや、コンテンツの時間などへの対応が求められると MM総研はみている。

有識者会議メンバーの総評・展望

◆ 安田浩
(東京電機大学長/東京大学名誉教授)
「視聴デバイスの4K対応や海外事業者との提携など、しっかりと対応できるかどうかが要となるだろう。5Gの登場による各社の戦略に注目している。スマートTVサービスの内容が多様化したことにより、各サービスの特長や特異性に着目した評価の仕方が必要になってくる」

◆ 北村森
(商品ジャーナリスト/サイバー大学IT総合学部教授)
「ここ1~2年でAmazonやNetflixなどの海外勢の伸びが顕著に表れている。オリジナルコンテンツの強化が向こう3年の業界のあり方を示唆していて、調達したコンテンツのローカライズなどの各社の戦略に期待したい。初期設定のハードルの低さや価格妥当性を含めて、ユーザーの閲覧頻度をいかに高めるかが重要となってくるだろう」

◆ 森祐治
(電通コンサルティング代表取締役社長・シニアディレクター/亜細亜大学都市創造学部・大学院アジア国際経営戦略研究科特任教授)
「レコメンデーション機能の高さも顧客満足度の向上につながっており、ユーザーが新たな発見を得られる点も評価のポイントとなるだろう。目新しいオリジナルコンテンツが揃うサービスへの期待度は高い。今後は、多数のコンテンツを揃える総合プラットフォーム事業者と映像サービスに特化する事業者について、両者の動向が注目される」

◆ 中島洋
(MM総研 代表取締役所長)
「サービスの多様化が急速にすすんでいるので、評価軸の設定がますます難しくなっている。今後の評価の重要ポイントは5Gの登場によるスマホ向けサービスの開拓だろう。高速化、高詳細化などの従来サービスの延長線上にある品質向上よりも、スポーツ中継の視聴者選択による多地点情報鑑賞などの視聴者のわがままが実現できるようなサービスが勝負になるのではないか」

こちらの記事もオススメです