大宮~新潟間の最高速度が240km/hから275km/hに――上越新幹線速度向上の取り組みを発表

2019.05.08

JR東日本は5月8日、上越新幹線の速度向上とそれに伴う地上施設の測量・工事に着手することを発表した。

現在上越新幹線を運転しているE7系、E4系、E2系を2022年度末までにE7系に統一することで、大宮~新潟間の最高速度を現行の240km/hから275km/hに引き上げる。所要時間短縮効果は大宮~新潟間で最大7分程度、大宮~高崎間を走行する北陸新幹線についても最大2分程度、また上野~大宮間の工事により最大1分程度の時間短縮を見込んでいる。

 

測量及び工事期間は2019年5月中旬から概ね4年程度。吸音板の設置や防音壁のかさ上げ等を行う。


LINEで送る

オススメ記事