都営地下鉄駅構内に自動外貨両替機を設置

2019.05.13

大江戸線に自動外貨両替機が登場――

東京都交通局は5月13日、都営地下鉄駅構内に自動外貨両替機を設置したことを発表した。

大江戸線の上野御徒町駅、蔵前駅では5月10日より利用開始となった。新宿線新宿三丁目駅でも5月中に利用開始予定。設置場所はいずれも地下1階改札外コンコース。

タッチパネル方式の操作画面で外貨紙幣を日本円に両替できる。音声ガイダンスは英語のみだが、操作画面では日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語の10ヵ国語に対応している。

取り扱い通貨は米ドル、ユーロ、中国人民元、韓国ウォン、新台湾ドル、香港ドル、タイバーツ、豪ドル、マレーシアリンギット、インドネシアルピア、シンガポールドル、英ポンドの12種類。逆に日本円から外貨に両替することは出来ない。取扱金額は1回あたり日本円換算で10万円まで。

TAGS 都営地下鉄


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです