特急「紀勢本線全通60周年号」が運行! 記念セレモニーやヘッドマークの掲出も

2019.06.12

紀勢本線(亀山駅~和歌山市駅)は1959年7月15日、三木里駅~新鹿駅間の開通をもって全線開通となり、今年で60周年を迎えます。

JR東海は紀勢本線全線開通60周年にあわせ「記念セレモニー」の開催、記念列車 特急「紀勢本線全通60周年号」の運行、記念ロゴマークの作成、旅行商品の発売などを行うと発表しました。

記念セレモニー

7月15日(月・祝)13:30~、熊野市駅にて記念列車の見送りなどのセレモニーが開催されます。

特急「紀勢本線全通60周年号」

〇運行日・区間

・2019年7月13日(土) 名古屋駅→熊野市駅
下り名古屋8:51発 熊野市12:16着

2019年7月14日(日) 名古屋駅→新宮駅
下り名古屋8:51発 新宮12:36着

2019年7月15日(月・祝)熊野市駅→名古屋駅
上り熊野市14:35発 名古屋18:26着

〇記念列車の主なサービス

・尾鷲駅~熊野市駅間で「乗車証明書」を配布
・三瀬谷ダム・大滝峡等の景勝地で速度を落として運転
・停車駅で地元民とJR東海社員によるおもてなし
・熊野市駅~尾鷲駅間で「記念乗車ステッカー」を配布(15日のみ)

〇編成

キハ85系(4両) ※一部グリーン車

〇料金

全車指定席の特急列車のため、乗車券のほかに指定席特急券などが必要です。指定席特急券は乗車日の1ヶ月前の午前10時から全国のJR主要駅で発売します。

〇特典

【7月13日、14日】
尾鷲駅⇒熊野市駅間の車内で「最後の開通区間 乗車証明書」がもらえます。(※)

【7月15日】
・熊野市駅⇒尾鷲駅間の車内で「最後の開通区間 乗車証明書」がもらえます。(※)
・熊野市駅⇒尾鷲駅間の車内で、ヘッドマーク原寸大の「最後の開通区間乗車記念ステッカー」がもらえます。(※)

※実際にご乗車のお客様おひとりにつき1枚限り

〇車内イベント

・JR東海乗務員によるおもてなし、記念撮影
・沿線自治体による熊野古道世界遺産登録15周年の紹介、観光PR等

いずれも7月13日、14日のみ実施。記念撮影は時間の都合上実施できない場合あり。

〇景勝地周辺での速度を落とした運転

三瀬谷ダム、大滝峡、銚子川、新鹿海岸、波田須駅など沿線の主な景勝地では速度を落として運転します。

※時間の都合上実施出来ない場合があります。

【詳細】
「紀勢本線全通60周年号」ホームページ

記念ロゴマーク、ヘッドマーク

紀勢本線の駅員・乗務員からデザインを募集したという記念ロゴマークのデザインは、ワイドビュー南紀と沿線に自生するハマユウをあしらったもの。

6月13日(木)~8月31日(土)まで、紀勢本線の駅員・乗務員がこのロゴマークのピンバッジを着用します。また、記念列車のヘッドマークなどにも使用される予定です。

記念列車を利用した旅行商品

JR東海は旅行会社と協力し、「紀勢本線全通60周年号」で沿線の観光地をめぐるツアー商品を発売予定です。詳細は各旅行会社ウェブサイトなどをご確認ください。

ジェイアール東海ツアーズ
「紀勢本線全通60周年記念特別観光列車に乗車 熊野三山・補陀落参事巡礼の旅」

JTBメディアリテーリング
「紀勢本線全通 臨時列車でGO!」(日帰り)

クラブツーリズム
「紀勢本線全線開通60周年 那智の滝と熊野那智大社 日帰り」

TAGS JR東海 ヘッドマーク


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです