年末年始6日間、銀座線の渋谷~表参道駅間と青山一丁目~溜池山王駅間を運休

2019.06.12

東京メトロは6月12日、銀座線渋谷駅移設に伴う線路切替・ホーム移設工事を実施するため、年末年始にかけて銀座線の一部区間を運休すると発表しました。

対象区間は銀座線の渋谷~表参道駅間、青山一丁目~溜池山王駅間。2019年12月28日(土)~2020年1月2日(木)の6日間、終日運休となり、表参道~青山一丁目駅間と溜池山王~浅草駅間は折返し運転を実施します。

また東京メトロ、都営地下鉄、JR、各私鉄で振り替え輸送を実施するとのこと。銀座線渋谷駅新ホームの使用開始は工事終了後の2020年1月3日(金)から。

銀座線渋谷駅移設工事

銀座線渋谷駅は現在の駅の位置から表参道方面へ約130m移設を行い、明治通り上空に「銀座線渋谷駅」が新設されます。

新しい駅では今までのような乗車用・降車用の区別がなくなり、2020年度にはホームドアの設置も予定されています。

【詳細】銀座線 渋谷~表参道駅間、青山一丁目~溜池山王駅間を運休します(東京メトロ)

(18:31追記 渋谷駅の移設距離に誤りがございましたので当該部分を修正しました。ご指摘ありがとうございます)

TAGS 東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです