新金谷車両整備工場見学がリニューアル 明日6月22日にお披露目――大井川鐵道

2019.06.21


© 2019 Gullane [Thomas] Limited.

大井川鐵道は6月20日、新金谷車両整備工場を「きかんしゃトーマス号」の運転日限定で公開すると発表した。

工場内ではトーマス号の準備風景やくつろぐ姿、特殊消防車の「フリン」(7/20登場予定)をはじめ、通常のSL(かわね路号)や電車の整備風景を見学できる。

2019年6月22日(土)~12月1日(日)期間中のきかんしゃトーマス号、ジェームス号の運転日(のべ87日間)に開催。受付時間は9:00~11:30、13:00~16:30、入場料金は小学生以上1名500円(記念品つき)。

大井川鐵道によれば、今回のリニューアルは社内の有志メンバーがお客様目線で改革を試みたものであるとのこと。見所としては以下の五点が挙げられている。

・お顔を拭いたり、石炭を入れたり、出発準備中のトーマス号、ジェームス号を間近で見ることかできます
・トーマス号の真横で記念撮影ができます
・記念品として、トーマスグッズをプレゼント
・SLの運転台を再現したフォトスポットを設置
・千頭駅で開催中のトーマスフェア入場券と合わせて記念になる「硬券式入場券」を導入


© 2019 Gullane [Thomas] Limited.

他にもお子様から大人まで「楽しく学べる」をテーマに説明看板を合計5カ所に設置。撮影用スペースとして点検通路の幅を2倍に拡幅し、車両を間近で見学・記念撮影できるスペースを作り、見学ルームの展示内容も変更。体験コンテンツとして模擬踏切はそのままにSLの模擬運転台を新設、日蔭もテント増設により前年より30%増となっている。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです