特急「はるか」に新型車両を投入 営業開始時期は2020年春ごろ

2019.06.21

JR西日本は2019年6月21日(金)、関西国際空港へのアクセスを担う特急「はるか」へ新型車両を投入すると発表しました。

現在は主に6両編成で運転している「はるか」に増結用の新型車両271系電車を追加投入し、一列車あたりの座席数を現在の1.5倍にするとしています。(投入車両数は3両編成×6本の18両)

車両デザインは現在の281系「はるか」ブランドを継承したものとなり、安全性・安定性向上のための追加対策を行っています。

大型スーツケースなどにも対応出来る大型荷物スペースを設置し、車内ディスプレイによる多言語案内を行うなど、訪日外国人や観光客向けの対応も。

2020年春ごろより営業運転を予定しています。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです