下北沢レイ君と話しましたか?

2019.06.21

京王下北沢駅に”勤務”する対話型AI窓口案内ロボ「下北沢レイ」君が6月24日(月)から英語、中国語、韓国語対応の実証実験を始めます。

「下北沢レイ」は、多様化するニーズに迅速に対応することを目的に、井の頭線下北沢駅中央改札口新設にあわせて、今年3月から案内業務を開始しました。約3か月で、10,000人(5分に1回のペース)を超える利用がありました。問い合わせ内容の約半数が鉄道に関する質問、また、約40%は「雑談・その他」で話しかけられています。

一方で、外国語で話しかけている方が一定数いることも判明、さらなるサービスの向上を図るため、新たに英語、中国語、韓国語での対応が開始されます。

今後は、ラグビーワールドカップ2019TMが沿線の東京スタジアム(味の素スタジアム)でも開催される際には、海外の方も含めたより多くの方への案内が必要な新宿駅に異動する予定です。

イキナリ外国語で話しかけずに、画面に表示される言語を選択してから話しかけてくださいね。

TAGS 京王


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです