ことし初開催の「全国ボートレース甲子園」7/23-28 浜名湖で47都道府県レーサーの頂点が決まる!

2019.07.02

水上の格闘技、ボートレース。

このボートレースの世界に、新しいレースがことし7月に設定される。その名も「全国ボートレース甲子園」。

ことし初開催の第1回は、ボートレース浜名湖(静岡県湖西市)で7月23~28日に開催される。

この全国ボートレース甲子園は、全国47都道府県の代表ボートレーサーがガチンコでぶつかりあう「夏の甲子園」的な全国大会。

優勝選手には、2020年3月開催のSGボートレースクラシックへの優先出場権が与えられる。

この大会のいろいろな数字がまたすごい。

たとえば群馬県代表ボートレーサーの山崎智也は、生涯獲得賞金額24億9,884万円。毎年1億円近く獲得しているという具合。

今回の出場ボートレーサーのなかで、最年長は島根県代表の西島義則が57歳。最年少は岐阜県代表の野中一平が24歳。その差なんと、33歳!

また、今回は女子レーサーが藤崎小百合、遠藤エミ、今井美亜の3人出場。藤崎小百合は鹿児島県代表で、遠藤エミは滋賀県代表で、今井美亜は富山県代表で出場する。

そして「夏の浜名湖は遠州灘から湿気のこもった向かい風が吹き、出足の調整が難しい。モーター調整と、向かい風にあわせたスタートと走り方が求められる」という、この初開催レース。どのレーサーが、どんな展開を仕掛けて頂点をもぎとるか。

―――ボートレースに「行くんかーい!」を連発中の すっちー&吉田裕も、新しい動画で「全国ボートレース甲子園」をプッシュ。そのバカうけ動画は、公式サイトでチェックしてみて。

https://lets-boatrace.jp/

◆すっちー&吉田裕、ボートレース甲子園に行かんのかい!? これみたら行くだろマジで!7/23-28 全国ボートレース甲子園【バカうけ動画】
https://tetsudo-ch.com/8602565.html

こちらの記事もオススメです