なにわ筋線 北梅田~JR難波・南海新今宮の鉄道事業を国が許可_開業は2031年春

2019.07.09

国土交通省(国交省)は、 北梅田~JR難波・南海新今宮の鉄道事業を、あす7月10日付けで許可する。

事業者は、第3種鉄道事業者が関西高速鉄道、第2種鉄道事業者がJR西日本、南海電鉄。

整備区間は北梅田駅~JR難波・新今宮。建設キロは7.2km。

整備駅数は中之島駅、西本町駅、新難波駅(仮称)の3駅。

事業費は3300億円。事業手法は地下高速鉄道整備事業。

事業期間は2019~2031年度。開業時期は2031年春

事業目的は、「大阪都心部(難波、中之島、梅田)を南北に縦貫する都市鉄道として整備し、既存の鉄道路線(JR東海道線支線、南海本線)と接続させることにより、関西国際空港と大阪都心(梅田)の直結、新大阪と大阪南部地域とのアクセス性の改善、大阪の南北都市軸の強化(中之島、うめきた等の拠点性向上)、大阪北部地域と大阪南部地域の相互交流の促進など、近畿圏の社会経済発展に貢献すること」。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです