西武鉄道×Yahoo! JAPAN ビッグデータとAIを活用し西武線の混雑予測を発信する実証実験 8/19~9/20

2019.08.02

※混雑予測サイト画面イメージ(画像:Yahoo! JAPAN)

西武線5駅で混雑予測、混雑予報は西武鉄道Webサイトで発表

西武鉄道とYahoo! JAPANは8月1日、ビッグデータとAIを活用して西武線の混雑予測をWebサイトで発信する実証実験を実施する。

期間は8月19日(月)~9月20日(金)までの33日間。混雑予測は、西武鉄道Webサイト内に新たに開設される「混雑予報サイト」にて確認できる。

実証実験を行う駅は、通勤利用者の多い池袋駅、西武新宿駅、高田馬場駅、国分寺駅。そしてメットライフドームの最寄駅である西武球場前駅の計5駅。

※混雑予測サイトイメージ(画像:Yahoo! JAPAN)

通勤利用駅では平日の朝(始発~10時)の混雑レベルおよび混雑が予測される時間帯を表示し、ピーク時間帯以外の通勤を促す。これは東京都が提供する混雑緩和のための取り組み「スムーズビズ」の一環として実施する。

西武球場前駅に関しては株式会社西武ライオンズと連携し、野球開催日のメットライフドームへの来場時間帯の駅混雑レベルと試合前イベントの情報を表示することで早めの来場を促す。

乗換検索サービスのビッグデータを活用

本実証実験ではYahoo! JAPANが提供する乗換検索サービス「Yahoo!乗換案内」などで蓄積される将来の予定を含む路線検索履歴のビッグデータを活用する。個人特定不可能な状態で統計化し、AI(機械学習)による解析を行い、そこに西武鉄道の駅別・時間帯別の乗車人数データを掛け合わせることで高精度の予測を行う。

本実証実験はYahoo! JAPANが10月より提供する企業間ビッグデータ連携による事業者向けデータソリューションサービス「DATA FOREST(データフォレスト)」のサービス開始に向けた実証実験の一例として実施するもので、乗換検索サービス提供会社と鉄道会社の連携による混雑予測の情報提供は国内初。

また、2019年8月20日(火)~2019年9月20日(金)にかけて、電車を利用してメットライフドームへ野球観戦に向かった18歳以上の利用者を限定にアンケートを実施する。西武鉄道の混雑予報サイト内「アンケート」より回答することで、抽選でプロ野球選手の直筆サインボールやサイン色紙をプレゼント。

(鉄道チャンネル編集部)

TAGS 西武 テクノロジー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです