天空橋駅直結の羽田空港跡地 新施設名称は「羽田イノベーションシティ」に

2019.08.20

京浜急行電鉄空港線・東京モノレール 天空橋駅 に直結する土地で開発がすすむ「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」の施設名称が「HANEDA INNOVATION CITY」に決まった。

羽田イノベーションシティ。略して HICity(エイチ・アイ・シティ)。

「HANEDA INNOVATION CITY」には、羽田「HANEDA」を日本の「INNOVATION」を発信する場所「CITY」として発展させていきたいという想いが込められている。

事業主体は羽田みらい開発。羽田みらい開発へは、鹿島建設、大和ハウス工業、京浜急行電鉄、日本空港ビルデング、空港施設、JR東日本、東京モノレール、野村不動産パートナーズ、富士フイルムの9社が出資。

同エリア5.9ヘクタールの土地に、研究開発施設(ラボ・大規模オフィス)、先端医療研究センター、会議場、イベントホール、日本文化体験施設、飲食施設、研究・研修滞在施設、水素ステーションなどを中心とした複合施設を整備。

2階レベルで各棟をつなぐ歩行者デッキ上には、「イノベーションコリドー」を配置。そのコリドー沿いに先端産業・文化産業の施設を分散配置させる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです