高齢者の運転免許自主返納、後押しなるか 「駅すぱあと」で「自主返納特典付き」の交通事業者情報を表示 本日8/21~12月末まで反応調査

2019.08.21

画像:ヴァル研究所

経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所は8月21日、iPhone/Androidアプリ「駅すぱあと」で運転免許の自主返納特典付きの交通事業者情報を開示し、公共交通機関を利用するユーザーの反応調査を実施すると発表しました。

昨今、高齢ドライバーによる自動車事故が全国で多発していることを背景に、運転免許自主返納を促す動きが活性化しています。一方で高齢者にとって車は大事な移動手段であり、代替の交通手段を確保出来なければ外出が大きく制限されてしまうという問題もあります。

内閣府が平成29年11月に行った「運転免許証の自主返納制度等に関する世論調査」によれば、返納のために重要なこととして、「電車やバスなどの公共交通機関の運賃割引・無償化」と回答した割合が64.9%と最も高い結果となりました。

この結果を受け、ヴァル研究所は京成バス株式会社の協力を得て調査を実施。「駅すぱあと」で京成バスのバス路線を検索した一部のユーザーに対し、同社が提供する運転免許の自主返納特典「ノーカー・アシスト優待証」(※)を案内する画像リンクを表示。表示回数に対して何割のユーザーがクリックしたのかを計測します。

※運転免許返納後に京成バスの営業所・定期券発売所で手続きを行うことで発行される、京成バスグループ15社の運賃が半額になる優待証。

ヴァル研究所は今回の調査でユーザーの興味関心を調査するとともに、交通事業者が提供している自主返納特典の認知拡大を目指します。

鉄道チャンネル編集部

TAGS テクノロジー・新開発 京成


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです