渋谷と難波にニューヨーク系ディスカウントチケットストア「TKTS」日本初上陸

2019.08.22

1973年、NYタイムズスクエアにオープンし、現在ではタイムズスクエア、リンカーン・センター、サウスストリートシーポートの3店舗を展開するディスカウントチケットストア「TKTS」。

その TKTS がなんと、日本初上陸。

まずは東京と大阪に1店舗ずつ。

東京は「TKTS 渋谷」。渋谷ヒカリエ1階 イベントスクエア 正面入口前。8月29日オープン。営業時間は14:00~19:00。

大阪は「TKTS なんば」。南海ターミナルビル1階 総合インフォメーションセンターなんば内。9月5日オープン。営業時間は14:00~19:00。

手がけたのは、ロングランプランニング、東京急行電鉄(東急)、南海電気鉄道。

日本版 TKTS は、ミュージカルや演劇のほか、日本の伝統芸能の能や歌舞伎、小規模劇団の演劇から音楽ライブ、スポーツや展覧会まで幅広いエンタテインメントのチケットを当日・翌日分のみ割引価格(一部定価あり)で購入できる。

チケット購入の流れは、店舗にて希望するチケットを選択、各種クレジットカードや電子アプリで決済、チケットをその場で受け取る。だけ。

TKTS 公式サイト(https://tkts.tokyo/)で、現在発売中のチケットが確認できる。

チケットのラインナップは、ウエストサイドストーリー、ミュージカル「ボディガード」来日公演、秀山祭九月大歌舞伎、プレイハウス、カリギュラ、愛と哀しみのシャーロック・ホームズ、人形の家 Part2、万華響-MANGEKYO-、TECHNO CIRCUS、渦が森団地の眠れない子たち、九月花形歌舞伎、ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』、九月新派公演、劇団四季『アラジン(東京)』『キャッツ(東京)』『ライオンキング(東京)』『リトルマーメイド(大阪)』 などなど。

―――エンタテインメント産業の振興をめざし、芸術団体のサポートを行うロングランプランニングが、NYで TKTS を運営する「Theatre Development Fund」から公認されたディスカウントチケットストア「日本版 TKTS」。

渋谷・難波とも、初日にオープニングセレモニーを実施。「TKTS 渋谷」は、8月29日 12時から特別ゲストに俳優 小手伸也、成河が、「TKTS なんば」は9月5日 12時から特別ゲストに俳優 海宝直人が登壇する。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

TAGS 南海 東急 新商品・期間限定品 新オープン・注目スポット セキュリティ・安全


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです