大阪モノレール門真市駅で可動式ホーム柵が運用開始

2019.09.13

ここから先、延伸計画がある大阪モノレール門真市駅。

この大阪モノレール南端の島式ホーム1・2番線に、可動式ホーム柵が運用を始めた。

門真市駅の可動式ホーム柵は、固定部ホーム床面から約1.35メートルの腰高タイプ。

開口部は約2メートル、柵延長は約70メートル、地上側に設置するセンサでホーム柵扉を自動開閉する。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです