JR貨物 横浜羽沢駅が着発線荷役方式導入、ホーム拡張や線路増設で11月30日から新サービス展開

2019.09.12

相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅があるJR貨物 横浜羽沢駅がリニューアルし、11月30日から新サービスが稼働する。

まず、要望の多かった深夜集貨が可能な北海道行き・九州行きの列車を各1本追加。既存の列車についても、着発線荷役方式(E&S方式)とし、発列車の貨物引き受け締切時刻の繰り下げや、到着列車の貨物引き渡し時刻の繰り上げを実施。

このE&S方式導入にあわせ、輸送障害時の急送品の迅速な取り卸しが可能に。また列車の発着が可能な線路を現行3線から7線に増設。列車運転計画の変更が柔軟になるなど異常時対応能力が向上する。

またコンテナホームを拡張し、これまで最大14両対応だった荷役線を26両までの荷役が可能になり、取扱能力を向上させる。

写真上はリニューアル後の横浜貨物駅(画像:JR貨物)。写真下は2011年当時の横浜貨物駅(画像:鉄道チャンネル編集部)。

TAGS 建設・工事 JR貨物 物流・貨物


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです