大井川鐵道の夜行トロッコ列車「星空列車」 土曜日限定で今冬も運行

2019.10.15

写真:大井川鐵道

大井川鐵道は今年度も11月末~2020年3月にかけて、計8日間「星空列車」を運転します。

運転日は11月30日、12月14日・21日、1月18日・25日、2月15日・22日、3月14日(いずれも土曜日)。千頭駅を16:53に出発し、18:01に奥大井湖上駅着。60分間の星空観賞を挟み、同駅を19:00に発車、19:40奥泉駅着、20:05千頭駅着のダイヤで運行します。

乗車には「星空特別乗車券」が必要です。千頭駅→奥大井湖上駅→千頭駅の往復は中学生以上1,440円、小人720円。千頭駅→奥大井湖上駅→奥泉駅なら中学生以上1,080円、小人540円。大井川周遊きっぷや井川線周遊きっぷでは乗車できないので注意してください。また19:40に奥泉駅で降りた場合、寸又峡方面へのバスはありません。

星空といえば長野県の阿智村が有名ですが、奥大井湖上駅のある静岡県川根本町もかつては「澄んだ星空 全国第2位」に選ばれたことがあります。井川線(南アルプスあぷとライン)沿線は民家が少なく星空が見やすいこともあってか、星空鑑賞にはうってつけです。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
星空列車に乗って秘境駅 奥大井湖上駅で星空観察
https://tetsudo-ch.com/4878510.html


LINEで送る

オススメ記事