最強バイヤーが厳選、いまだ知られてない国内グルメ15品に大注目! フードアクション ニッポン アワード2019

2019.10.19

ニッポンにはまだまだ知られてない「うまいもの」がある―――。

業界の第一線で活躍するバイヤーが選出した国内産品10種類が、10月17日都内で発表された。

題して「フード・アクション・ニッポンアワード2019」。

このフード・アクション・ニッポンアワードは、国産農林水産物の消費拡大をめざし、日本全国の優れた産品を発掘・表彰。受賞作品は、Amazonやイオン、イトーヨーカ堂、ローソン、阪急百貨店など審査委員企業が得意とする販路を通じて販売される。

今回の応募総数は1491品。カテゴリーは、一次生産物全般(穀物類・野菜など)、調味料・加工食品・中食(弁当・惣菜)、飲料の5つ。

その10産品と、特別賞5産品が、これだ↓↓↓

Amazon選出 グルテンフリーヴィーガンラー油

「最初に試食した時からダイバーシティの香りがした。来年に向けて、食の多様性に注目している。海外進出したいという心意気も伺い、弊社のプラットフォームで支援したいと思いました」(Amazon 消費財事業本部統轄事業本部長 前田宏バイスプレジデント)

「本当に信じられないくらい嬉しいです。日本ではグルテンフリーは認知度がまだ低いが、来年を足がかりに広めていきたい」(グルテンフリーティーズキッチン)

イオンリテール選出 伝承牡丹焼「鯖ちくわ」

「産学連携体制であること、いま人気の鯖を活用していること、ちくわという手軽さ、そして地域への貢献が伝わること。これらがポイントとなり選定した。弊社の店頭売り上げにも貢献するのではないかと思う」(イオンリテール井出武美 代表取締役社長)

「宮城学院女子大学のゼミ生、そして石巻の地域の皆さまと連携をしてきました。これからも地域の活性化を目指して取り組んでいきたい」(宮城学院女子大学)

イトーヨーカ堂選出 九州ドライベジ

「生野菜は保存が大変だが、この商品は 6 ヶ月も長期保存可能。調理せずにこのまま食べられるので、小腹が空いたときや、忙しいママ、老若男女に求められる商品。九州産の野菜やワカメを使用しているので、地域貢献になるのも素晴らしいと思う」(イトーヨーカ堂 三枝富博 代表取締役社長)

「九州の素材を使って、便利でいいものを開発しています。これを励みに、これからも努力していきたい」(SUNAO製薬)

オンワード樫山選出 ブランデーケーキ

「ファッションの会社であるが、オンワードマルシェとして隠れた逸品を紹介するサイトを展開している。通販サイトなので日保ちを重視しているが、ただ保つだけでなく1日目と 90 日目で味が変わるというのが面白い。 海外でもサイトを展開したいと思っており、日本酒の味がほんのりするのもポイント」(オンワード樫山 大澤道雄 代表取締役社長)

「父親の代から作り始めて半世紀以上経ちますが、昔ながらのブランデーケーキが、一周回ってひとつの個性となりました。昭和、平成、そして令和となって、まさにブランデーのように熟成したと思います」(ロイヤル)

紀ノ國屋選出 土佐のぶしみそ

「世界共通言語になりつつある、うまみ。鰹生節と宗田節を混ぜ込むことによって、このうまみが生み出されている。日本の良さを伝えて、愛される商品になってほしいと思い選定しました」(紀ノ國屋 堤口貴子 代表取締役社長)

「高知県土佐市には、鰹節屋がもう 3 軒しか残っていません。もう一度、鰹節のおいしさを再確認して欲しいという思いで味噌を作りました。多くの人に美味しさを知っていただきたいです」(竹内商店)

トランジットジェネラルオフィス選出 朝倉山椒タプナードVERT

「弊社は 60 業態ほど展開をしていますが、非常に展開性が高いと思いました。山椒という日本原産のスパイスをうまく使い、海外の人にも馴染みやすく加工している点を評価しています。世界のお客様の口に届けたいです」(トランジットジェネラルオフィス オペレーション事業本部 本部長 木村学也 執行役員)

「兵庫県養父市は朝倉山椒の発祥地。日本ならではスパイスを世界へ広めるために、これからもますます努力していきたいです」(カタシマ)

阪急阪神百貨店選出 coco-vege わたしにやさしいチップス

「国産の野菜とココナッツオイルを使用した、からだにやさしい商品。また、調理の際にゴミが出ないのも、地球環境へ配慮がされている。おいしいだけでなく、パッケージもかわいくて素敵なので、百貨店を訪れる女性・お子さまにもアピールできると思う」(阪急阪神百貨店 荒木 直也 代表取締役社長)

「“もったいない”をキーワードに、これからもからだ・地球にやさしい色々な商品を展開していきたいです」(開屋本舗)

フォーシーズ選出 タカノプリンセス

「安心安全であること、そして希少価値が高いことが魅力。実際に試食してみると非常に甘くて、本当においしかった。すぐに商品化のイメージが湧きました」(フォーシーズ 淺野幸子 代表取締役社長)

「こういった賞を頂けたのも、私をサポートしてくれる皆さまのおかげです。大変感謝しています」(ナチュラルファームタニグチ)

星野リゾート選出 AJIOH 食べるより美味しい冷凍ジュース クレメンティン

「我々が展開している“界”温泉旅館での紹介を考えています。お客様へ紹介する時に会話がはずむようなストーリーがあること、そしてインスタ映えが選定の理由。カラフルなパッケージは、お客様が思わず写真を撮って発信してくれるはずです」(星野リゾート 星野佳路 代表)

「35年スペインと交流を続けておりまして、国産のクレメンティンを使用しています。搾りたて凍結に挑戦して、今日を迎えることができました」(田島柑橘園&加工所)

ローソン選出 こうじチョコ

「思いやこだわりを勉強させてもらいたいという思いで選定しました。ローソンは 1 店舗 1 店舗地域性を出して、その地域幸せにできる存在でありたいと思っています。お米を作るところからの自給自足で、酒蔵のある地域を幸せな場所にしたい。そういった思いに共感をしました」(ローソン 竹増貞信 代表取締役社長)

「お子さんや授乳中のお母さんでも楽しんでいただけるような商品です。先日の台風で精米所が浸水してしまいましたが、そんな暗い中で明るいニュースを持って帰れることをうれしく思います」(仁井田本家)

そしてカテゴリー別 特別賞はこれだ!

◆一次生産物:栗駒フーズ 栗駒高原竹炭ヨーグルト 秋田県

◆調味料:今井ファーム プレミアム淡路島たまねぎかくし玉擦りおろしドレッシング 兵庫県

◆加工食品:森山 湯庵プリン(プレーンはちみつとみのり) 福島県

◆中食:すが野 すが野の国産たたきごぼう 栃木県

◆飲料:企画:広尾地サイダー企画委員会/販売者:橘産業 広尾しおサイダー 北海道

入賞100産品が東京・浅草でまるっと買える! 10/20まで

この最新トレンドを行く国内産品をいますぐ試してみたい! という人は、10月20日まで開催中の、全国地域産品取り扱い施設「まるごとにっぽん」(東京・浅草)へ。ここでは、入賞100産品を展示・販売。

入賞100産品をまとめて購入できるのはこの場所だけ。10月20日までだから、いろいろ試してみたいっていう人は、ダッシュ!

「まるごとにっぽん」の営業時間は10~17時。10月20日は16時まで。

<まるごとにっぽん>
https://marugotonippon.com/

<フード・アクション・ニッポンアワード2019>
https://fanaward.jp/

tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです