JR地方路線にも拡大、磐越西線 郡山―会津若松に530円指定席 2020年春登場

2019.10.27

普通列車グリーン車に新快速Aシート、首都圏や関西圏で拡大している指定席着席サービス。いよいよJR地方路線にも波及し始めた。

磐越西線 郡山~会津若松の一部列車に2020年春、リクライニングシートの付いた指定席車両が登場する。

JR東日本の磐越西線 指定席車両イメージ画像は、E721系が描かれ、クハE720の中央乗降ドアからクモハE721方にかけて「RESERVED」「指定席」と記された側面デザインが施されている。

座席指定券は、繁忙期・通常期は530円、閑散期は330円。普通乗車券や普通定期券とこの座席指定券で指定席に着席できる。

座席指定券は利用当日の1か月前10時から、駅や旅行会社の窓口のほか、指定席券売機等で購入可能。座席が空いている場合に限り、車内で車掌から座席指定券を購入できる。

イメージ画:JR東日本
写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです