九州1周オールグリーン席でビュッフェつき、黒い787系「36ぷらす3」2020秋 登場

2019.11.21

月曜日、博多→佐賀→長崎→佐賀→博多。
火曜日、水曜日がなくて、
木曜日、博多→熊本→鹿児島中央。
金曜日、鹿児島中央→宮崎。
土曜日、宮崎空港・宮崎→大分・別府。
日曜日、大分・別府→(門司港)→小倉→博多。

こんな一週間で11998キロを走る列車が、JR九州に誕生する。題して「36ぷらす3」(さんじゅうろくぷらすさん)。2020年秋に動き出す。JR九州初の電車D&S列車(デザインアンドストーリー)。

車両は787系6両編成、座席は全席グリーン車指定席。ビュッフェも復活。定員100人程度。門司港では乗降できない。

上記のような週単位で、日中時間帯に走る。列車名の由来はこんな感じ。

―――世界で36番目に大きい島、九州全県をめぐる特急列車。35のエピソードを詰め込んだサービスに、最後のひとつは乗客が36番目のエピソードをつくる。さらに利用者・地域の人・JR九州の人でひとつになって36+3=39。サンキューで感謝の輪を広げていく―――

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです