徳永ゆうきのぐるっと歌テツ旅

番組詳細

# 26長良川鉄道篇

今回は最後の清流と言われる長良川沿いを走る岐阜県の長良川鉄道。徳ちゃんは念願の徳永駅に降り立つと感激のあまりここで旅は終了!? かと思いきやその先さらに郡上八幡を経て旅は続き、美紀さんイチ推しの観光列車「ながら」に乗車。スイーツプランを堪能すると、直後の車内で二人の間に思わぬ展開が……!?

# 25愛知環状鉄道篇

今回は名古屋近郊の第3セクター・愛知環状鉄道です。徳川家康生誕の地・岡崎では不思議なフルーツを発見。科学技術の先端をゆく豊田では最新のモビリティーを体験。陶磁器で名高い瀬戸では瀬戸焼ならぬ瀬戸焼きそばを堪能します。テレビの旅ロケ初取材の鉄道は見所満載!

# 24能勢電鉄篇

今回は兵庫県から大阪府へと伸びる路線で、阪急出身の車両たちが活躍する能勢電鉄。多田で地元で有名なスイーツを楽しんだ後、平野車庫ではまるでおもちゃのように名車にさわりまくります。山下で不思議なスイッチバックを体験し、妙見口からケーブルカーで能勢妙見山へ。緑に囲まれて鉄分と栄養をたっぷりと補給します。

# 23会津鉄道 会津田島ー西若松篇

今回は会津鉄道をさらに北上。謎の駅名「塔のへつり」につられて降り立ち、湯野上温泉に下車すると沿線きっての観光地・大内宿へ。芦ノ牧温泉でねこ駅長に対面すると、西若松から鶴ヶ城・そして飯盛山へと向かい、歴史の息吹のを感じる旅を満喫します。

# 22野岩鉄道・会津鉄道篇

今回は野岩鉄道・会津鉄道の旅。駅名に「温泉」が連なる野岩鉄道であえて選んだ下車駅は、男鹿高原。そこに唯一あったものは……。続いて向かったトンネル駅・湯西川温泉では不思議な空気に包まれます。特急「リバティ会津」で到着した会津田島では車両基地を見学。「AIZUマウントエクスプレス」の車両でやりたい放題の徳ちゃんなのでした。

# 21わたらせ渓谷鐵道篇

今回は群馬県・栃木県のわたらせ渓谷鐵道の旅。途中、神戸と書いて「ごうど」と読む駅に降り立ち、東武デラックス・ロマンスカーを活用したレストラン清流で腹ごしらえすると、名物列車のトロッコわたらせ渓谷号に乗車します。かつての国鉄足尾線時代に活躍したキハ35系の保存車両にも出会いつつ、終点の間藤から折り返して通洞へ。この路線建設の目的でもあった足尾銅山へとトロッコに乗り込んで見学に向かいます。

# 20信楽高原鐵道篇

今回の旅先は滋賀県の信楽高原鐵道。最初の駅で途中下車すると、窯元が営むカフェで早速、信楽焼の器で提供されるスイーツを堪能。各駅で下車して思わぬ体験をしながら終点・信楽に到着すると、車両基地を見学。さらに陶芸教室で信楽焼にじかに触れることに。

# 19近江八幡-貴生川篇

近江鉄道をぐるっとめぐる旅の第2弾。近江八幡をスタートすると、まずは新八日市の木造駅舎に心惹かれて途中下車。八日市で近江鉄道ミュージアムを見学して路線の歴史を学んだ後は、地元で人気の庶民派グルメのハシゴ旅へと展開します。

# 18近江鉄道 米原-近江八幡篇

今回は元西武鉄道の車両たちが元気に活躍を続ける近江鉄道をエンジョイします。車両基地見学や小学校にあるという謎のカフェなどを目指して途中下車を繰り返し、再び東海道本線と接続する近江八幡に到着。ここでは近江牛や郷土料理など番組始まって以来の豪華な食事を堪能?

# 17JR指宿枕崎線 指宿-枕崎篇

今回は指宿枕崎線の指宿からのスタート。山川で下車し湯けむり立ち昇る鰻地区に立ち寄ると、次の列車で待望JR最南端の駅・西大山に。開聞では思わぬ列車出会った興奮も冷めやらぬうちに、唐船峡そうめん流しや池田湖を巡って食べ物談義に花が咲く。最果ての終着駅・枕崎に到着すると、名物ビンタ料理もそこそこに、さらに続いていたという鉄路の痕跡を辿って鹿児島交通の加世田駅跡へ。そしてそこで目にしたものは……。

# 16JR指宿枕崎線 鹿児島中央-指宿篇

今回は指宿枕崎線。鹿児島中央駅から観光特急「指宿のたまて箱」に一目散の乗車するかと思いきや、いきなりの寄り道で、「天文館むじゃき」で名物の白熊を堪能。よようやく乗り込んだ「指宿のたまて箱」では車内の設備や客室乗務員のサービスに大満足。途中の喜入で一曲ひねると、普通列車に乗り換えて指宿へ向かい、この地ならではの砂むし温泉にほっこり。

# 15肥薩おれんじ鉄道(出水~川内)篇

今回は肥薩おれんじ鉄道第2弾として、鹿児島県の出水駅を振り出しに川内まで往復。絶景の東シナ海やブルートレインなど、途中気になる場所に立ち寄りながら、最後には車両基地で洗車体験まで。笑いと感動の旅が続きます。

# 14肥薩おれんじ鉄道(出水~八代)篇

今回は鹿児島県の出水駅を振り出しに肥薩おれんじ鉄道で熊本県の八代に向かいます。名物列車のおれんじ食堂に乗車して、絶景車窓や食事を堪能。途中駅を見学したり、乗務員と触れ合ったりしながらの旅が続きます。

# 13江ノ島電鉄篇

今回は江ノ島電鉄。藤沢から乗車し、最初に降り立ったのは江ノ島。観光名所に向かうのかと思いきや、向かったのは併用軌道区間。その目の前の和菓子屋で江ノ電最中にも巡り会います。車両基地で「タンコロ」に出会ったあとは、鎌倉大仏に参拝。絶品の地元産いわし料理も堪能します。

# 12JR大和路線 おおさか東篇

今回まず二人が乗車したのはJR西日本の大和路線。郡山で下車すると金魚すくい道場に乱入します。王寺からは201系の普通に乗車して、美紀さん熱望の柏原で下車。名産のぶどう農園を訪問します。久宝寺からはおおさか東線に初乗り。徳ちゃん思い出の赤川鉄橋を訪れます。

# 11伊豆急行篇

今回乗車したのは伊豆急行線。伊東から「黒船電車」で出発し、伊豆高原で車両基地に訪問すると、引退した100系の車内へと案内される幸運に。この先は185系特急「踊り子」、251系「スーパービュー踊り子」と豪華リレー乗車で終点の伊豆急下田に到着。日本の近代史始まりの地・下田湾で黒船クルーズを堪能します。

# 10JR奈良線篇

今回乗車したのはJR西日本の奈良線。京都から出発し、伏見稲荷大社に立ち寄った後、宇治では名物のお茶を使ったスイーツを堪能。奈良に到着すると若草山で鹿と戯れます。しかし徳ちゃんの一番のお目当て、国鉄通勤形電車の103系には果たして遭遇できるのか!?

# 9和歌山電鐵篇

今回乗車したのは和歌山電鐵。名物の「たま電車」「いちご電車」「おもちゃ電車」を次々堪能。終点の貴志駅では人気のねこ駅長のニタマにご対面。それには飽き足らず、沿線の名所に戻って撮影タイムを楽しみます。

# 8土讃線篇

今回乗車したのは土讃線。秘境駅・坪尻のスイッチバックを堪能。制御付振り子式車両の2000系「南風」に乗車し土佐北川へ。もう一つのスイッチバックの駅・新改へも立ち寄った後、高知からはとさでんに揺られ、はりまや橋のダイヤモンドクロスを訪れます。

# 7水島臨海鉄道篇

今回乗車したのは水島臨海鉄道。まずは球場前でJRから直通する貨物列車を激写。水島駅では自社製ディーゼル機関車DE70形に遭遇。終点の三菱自工前からそのまま回送列車に乗車して車両基地に向かい、国鉄型気動車のキハ30形とキハ20形を満喫する。

# 6近鉄 吉野線篇

今回乗車したのは近鉄吉野線。まずは標準軌と狭軌の路線の接点である橿原神宮前駅構内に設置された台車振替場を見学。飛鳥ではかつての都に思いを馳せ、吉野口では幻の駅弁・柿の葉寿しを堪能。秘境駅・大阿太に立ち寄った後、吉野口に戻ると、JR和歌山線の105系と近鉄車に狂気する徳ちゃん。さらに青の交響曲(シンフォニー)に乗車し、優雅な旅を満喫する。

# 5伊豆箱根鉄道 駿豆線篇

今回乗車したのは伊豆箱根鉄道 駿豆線。見学に訪れた車両基地・大場(だいば)工場ではED31形のキャブに乗って、構内を走行します。東海道本線から直通する、念願の特急「踊り子」に乗車して修善寺へ。さらに「修善寺虹の郷」を訪問し、「ロムニー鉄道」に乗り込みます。

# 4土佐くろしお鉄道 ごめんなはり線篇

今回は土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線。「直立する道路」手結(てい)港可動橋を訪れた後、「手のひらを太陽に号」やオープンデッキ車両に乗り継いで、タイガースタウンへ。阪神ファンの徳ちゃんは憧れの聖地でテンションMAX。終点・奈半利では魚梁瀬(やなせ)森林鉄道の廃線跡探訪に繰り出します。

# 3山陽電気鉄道篇

今回は山陽電鉄本線。カーレーターなるヘンテコな乗り物に乗車したり、標準時子午線が描かれたユニークな駅を発見。名物の明石焼きも堪能します。

# 2近鉄 南大阪線篇

今回は近鉄南大阪線沿線。あべのハルカスから大阪を一望し、古市検車区では懐かしの特急車両と対面。不思議な撮り鉄スポットにも立ち寄ります。

# 1岳南電車篇

今回は岳南電車篇沿線。東海道の宿場と栄えた吉原宿周辺や比奈駅舎内の鉄道模型店を訪ねます。

こちらの記事もオススメです