津山線 姫新線 のキハ47形2両が国鉄急行色に変更、色配置がほぼ逆転

2020.02.17

津山線と姫新線を走るディーゼルカー(気動車)キハ47形が、2月29日から国鉄急行色で走る。

国鉄急行色に変わるくるまは、JR西日本岡山支社が2016年の岡山デスティネーションキャンペーンを契機に気動車を昭和30年代から40年代の懐かしいカラーリングに塗装し、ノスタルジー車両として運行していた2両。

現行の色は、側面客室窓枠まわりがクリーム色、ルーフ側・窓下側が朱色の色分け。

今回は、このほぼ逆の、窓枠まわりと裾部が朱色、、ルーフ部や窓下がクリーム色という色分けに。

運行開始初日の2月29日は、津山線快速ことぶき 岡山駅 6時35分発、津山駅 7時52分着。姫新線 雛まつり列車 新見駅 12時発、津山駅 16時30分着。

通常は津山線、姫新線 津山~中国勝山で走る。

今回のカラーリング変更は、津山市からの要望を受けて実現。津山・美作エリアへの観光誘客をめざす。

※2020年2月17日16時49分 本文中の記述およびタイトルを修正しました。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです