新幹線や特急列車でマンガ・動画などを無料配信するサービス「noricon」4月本導入 JR東日本

2020.02.27

JR東日本の新幹線や特急列車内でマンガや雑誌、動画などの配信コンテンツを無料で楽しめるサービスが4月から本格的に始まります。

配信コンテンツ例 画像:JR東日本

サービス名称は「noricon」。新幹線・特急列車乗車中に無料公衆無線LANサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」に接続することで、利用者は「dマガジン」「ブックパス」「Rakuten TV」「FOD」などのコンテンツを無料で利用できるようになります。JR東日本は2019年より実証実験を開始し、本サービスを期間限定で提供していましたが、4月から本導入に踏み切ります。

「JR-EAST FREE Wi-Fi」を利用できる列車内にはステッカーを貼り付けている

【関連記事】
新幹線・中央線特急列車でアニメやマンガを無料配信? 「noricon」実証実験第2弾は10/31から JR東日本
https://tetsudo-ch.com/9862029.html
中央本線四方津~猿橋駅間のトンネルで3月から携帯電話利用可能に
https://tetsudo-ch.com/10118223.html

3月31日までは現在配信中のサービスを継続して提供、4月1日の本導入以降は随時サービスおよびコンテンツの入替を行います。サービス提供区間は以下の通り。

東北・北海道新幹線:東京~新函館北斗
山形新幹線:東京~新庄
秋田新幹線:東京~秋田
上越新幹線:東京~新潟
北陸新幹線:東京~金沢
中央線特急:千葉・東京・新宿~甲府・松本・南小谷
(富士回遊:新宿~河口湖、おうめ:東京~青梅含む)

携帯電話の電波を使用するため一部トンネル内や山間部では利用できないこともありますが、JR東日本は今後も利用範囲を拡大していくとしています。なお、成田エクスプレスおよびJR北海道のH5系については本サービスの対象外です。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです