滋賀県初の常設「駅ピアノ」 八日市駅に設置

2020.03.05

ピアノと設置予定箇所

近江鉄道は3月7日(土)、東近江市八日市駅構内の市民ホールに、誰でも自由に演奏できるピアノを設置します。駅ピアノの常設は滋賀県内の駅では初めて。

近江鉄道は沿線地域の住民と一緒に近江鉄道線を盛り上げるアイデアを形にしていく「近江鉄道みらいファクトリー」という取り組みを実施しており、これまでに3回タウンミーティングを開催しています。「駅ピアノを設置すれば賑わいそう!」という意見はその中で出たもので、参加者からピアノ提供の申し出があり、実現しました。

設置場所詳細

演奏可能時間は駅営業時間に準じます(始発~最終まで、設置日は10時以降)。使用料は無料ですが、一人あたりの利用は原則10分に限られます。イベント等でピアノを利用したい場合は、予め近江鉄道株式会社鉄道部へ連絡が必要です。

鉄道チャンネル編集部
画像:近江鉄道株式会社


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです