店舗内観

JR東日本スタートアップ株式会社とサインポスト株式会社の合弁会社である株式会社TOUCH TO GO(タッチトゥゴー、以下TTG)は、3月23日(月)高輪ゲートウェイ駅構内に無人AI決済店舗の第1号店となる「TOUCH TO GO」を開業します。

「TOUCH TO GO」は「ウォークスルー型の完全キャッシュレス店舗」。サインポストの「スーパーワンダーレジ」の技術を導入し、次世代の購買体験を提供します。利用方法は下記の通り。

欲しい商品を手に取る
商品は手持ちのバッグに入れてもOK
出口のディスプレイで購入商品を確認して交通系ICで決済 (今後クレジットカードやその他電子マネーにも順次対応予定)

「商品スキャンが不要」「対面無人で商品の識別と決済が可能」「お客さま対応は遠隔コールセンターにて一括対応」「既存設備に変更なしで導入可能」といったサービス特性から、労働力不足や地域店舗の維持など様々な社会課題の解決に資するものと見られます。

サービス特性

ADVERTISEMENT

TTGは無人AI決済システムを人材不足に悩む小売店や飲食店に向けた省人化ソリューションとして提供。時期は未定ですが、数人程度の人件費相当で利用可能な月額サブスクリプションのサービスとして展開していくようです。

月額サブスクリプションのサービスを予定

無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」は高輪ゲートウェイ駅2階改札内に開業予定。営業時間は6:00~24:00、店舗面積は約60平米。取扱商品は弁当、総菜、菓子、飲料など約600種類。

店舗外観

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東日本スタートアップ株式会社