京急品川は地上駅に、北品川は高架駅に 東京都が連続立体交差事業に着手

2020.04.03

画像:東京都建設局

東京都建設局は4月1日(火)、京浜急行本線 泉岳寺~新馬場間の連続立体交差事業に着手すると発表しました。

事業認可区間は港区高輪二丁目~品川区北品川二丁目の1,744m。道路と鉄道を連続的に立体交差化することで、区間内の踏切3ヶ所を除去します。本工事により品川駅は2面4線の地上駅となり、北品川駅は高架化します。事業費は1,247億円。事業期間は令和2年度~令和11年度。

京急品川駅 画像:東京都建設局

東京都建設局は本事業により、踏切遮断による交通渋滞及び踏切事故が解消され、道路と鉄道それぞれの安全性が向上。鉄道により分断されていた地域が一体化され、安全で快適なまちづくりに大きく寄与するとしています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです