三井化学、無蓋車2台とモーターカー1台を群馬県中之条町へ譲渡 炭鉱電車プロジェクト 

2020.04.09

3月24日に行われた無蓋車の移設作業の様子

三井化学は大牟田工場(福岡県大牟田市)において原材料の搬入等に使用している三井化学専用線を2020年5月に廃止します。これに伴い、同社は現在使用していない無蓋車2台とモーターカー1台を群馬県中之条町へ譲渡しました。譲渡車両は今後、旧太子(おおし)駅にある鉄道遺構とともに展示されます。

モーターカー

旧太子駅は群馬鉄山の鉄鉱石を搬出するため1945(昭和20)年に開業した日本鋼管群馬鉄山専用線の貨物駅。1952(昭和27)年には旧国鉄長野原線に編入され、2年後には地元住民の要請を受けて旅客輸送も担うようになりましたが、1966(昭和41)年に群馬鉄山が閉山。1971(昭和46)年に廃線となりました。

中之条町は旧太子駅を観光資源として活用するため、2018(平成30)年から一般公開を開始。入場時間は10~16時、200円で入場可。復元されたホームやレール、駅舎が当時の趣を再現しています。

旧太子駅

【関連記事】
三井化学専用線廃止へ 6月に炭鉱電車ラストランイベントを実施 ASMR音源も制作
https://tetsudo-ch.com/10134832.html

鉄道チャンネル編集部
写真:三井化学株式会社


LINEで送る

オススメ記事