山陽本線白市~西広島間で「D-TAS」使用開始 4月26日(日)から

2020.04.09

画像:JR西日本

JR西日本は4月26日(日)より、山陽本線の西広島~岩国間(35.9km)に続き、白市~西広島間(46.3km)において新保安システム「D-TAS」の使用を開始します。

D-TASは「Database oriented Train Administration System(データベースを用いた列車管理システム)」の略。227系レッドウイングなどの車両に搭載したデータベースにあらかじめ信号機の位置や曲線・分岐器などの位置と制限速度の情報を登録しておき、列車は車輪の回転数で自列車位置を把握、データベースに登録した設備に対し制限速度を超えた場合に、従来のATSと同様に自動的にブレーキを動作させるというシステムです。

2018年5月に西広島~岩国間で使用を開始。白市~西広島間は2019年春から使用開始予定でしたが、西日本豪雨の影響により延期となっていました。

鉄道チャンネル編集部
2020年4月9日22:06 タイトル及び本文の誤記載を修正いたしました。(鉄道チャンネル編集部)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです