「特大荷物スペースつき座席」予約受付開始、TVCMに「中川家」起用

2020.04.20

「特大荷物スペース」ステッカー 画像:JR東海

東海道・山陽・九州新幹線で国内外の利用者がより安全・安心・快適に利用できるよう、2020年5月20日(水)乗車分より「特大荷物」を持ち込む際の事前予約制が導入される。

「特大荷物」とは、縦横高さの3辺合計が160cm~250cm以内の大きな荷物のこと。

JR東海は4月20日(月)10時より、客室内最後部座席後方の「特大荷物スペース」とセットで発売する「特大荷物スペースつき座席」の予約を開始。

これにあわせ「特大荷物スペース」の位置を分かりやすく示すため、車内にステッカーなどを貼り付ける。TVCMやWeb、ポスターなどにはタレント「中川家」の二人が起用され、5月1日(金)以降順次サービス内容を発信、周知徹底を図る(TVCMは5月11日から)。

またJR3社で共同で運営する公式Twitterアカウント「@baggage160」ではプレゼント企画なども実施していく。

【関連記事】
東海道・山陽・九州新幹線に「特大荷物スペースつき座席」 5月20日(水)乗車分から
https://tetsudo-ch.com/10160244.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事